コーヒーを飲むと気持ち悪い!となってしまう場合の原因と対処法は?
Pocket

 

コーヒーと言えば、大人のたしなみの一つです。

朝起きてすぐの一杯、仕事の休憩で一杯と、コーヒーを飲んで一息つく瞬間を楽しみに生きているという人も中にはいるでしょう。

 

ただ、コーヒーというのは一種のストレス発散効果だけでなく、様々な健康効果があるのです。

そこでこの記事では、コーヒーにどのような健康効果があるのかということについて詳しく解説していきます。

また、コーヒーを飲むと気持ち悪くなってしまう人も一定数いますので、なぜ気持ち悪くなってしまうのかということについても触れていきたいと思います。

 

コーヒーを飲むことで期待できる健康効果は?

中には、コーヒーに健康効果があるということを知らないという人もいます。

また、カフェインが含まれているため、

「眠れなくなる」

「中毒になる」

というマイナスの知識しかない人もたくさんいるのです。

 

では、コーヒーを飲むとどのようなメリットがあるのかを詳しく見ていきましょう。

 

しわやたるみ対策

まずはしわやたるみ対策になるということです。

コーヒーには、クロロゲン酸という物質が含まれています。

これはポリフェノールの一種なのですが、クロロゲン酸には抗酸化作用があります。

 

抗酸化作用というのは、活性酸素を抑制する働きがあります。

活性酸素というのは、老化の原因となる場合があり、活性酸素を抑制することができないと、みるみるうちに肌の老化が進んでいってしまい、しわやたるみ、シミなどの原因となってしまうのです。

 

また、このクロロゲン酸という物質は、ワインやココアにも含まれていますので、このような飲み物も積極的に飲むようにすると良いでしょう。

 

ダイエット効果

コーヒーを飲むと、交感神経が強く刺激されます。

人間の健康を左右する機能として、自律神経というものがあります。

自律神経には、交感神経と副交感神経があるのですが、コーヒーによって交感神経を刺激することで、脂肪燃焼を高めることができるのです。

 

コーヒーだけを飲んでいれば痩せるということではありませんが、痩せるためには脂肪燃焼を高める必要があるため、筋トレ前や運動前に飲むことで、ダイエットの手助けとなるでしょう。

 

脳の活性化

そして脳をリラックスさせるという効果もあります。

その理由としては、先ほど紹介したクロロゲン酸という物質が大きく関係しているのですが、この物質の作用により注意力の低下を回復させることができる可能性もあるのです。

 

そのため、物忘れが激しくなってきたと感じた場合や、仕事に集中したい場合などは、是非コーヒーを飲んでおくことをおすすめします。

 

リラックス効果

また、コーヒーにはリラックス効果もあります。

コーヒーを日ごろから飲んでいる人の多くは、この効果を最大限に感じていることと思います。

コーヒーを飲むと、疲れが取れた気がしたり、リフレッシュしたりすることができますよね。

 

これは気分的な問題ではなく、科学的にも証明されているのです。

参照記事: 香りのリラックス効果杏林大学医学部精神神経科の古賀良彦教授らの研究より

コーヒーを飲んだ後の脳内を見てみると、リラックス状態を表すa波が増加することがわかっているのです。

 

胃の働きを助ける効果

そしてコーヒーには、胃の働きを活性化する効果もあります。

これには有名なカフェインが大きく関係しているのです。

カフェインを摂取すると、胃壁に刺激を与えることができ、胃酸の分泌を促すことができるのです。

そのため、消化の手助けをしてくれる場合があります。

 

とはいえ、空腹時にコーヒーを飲んでしまったり、たくさんの量を飲んでしまったりすると、胃酸が分泌されすぎてしまうため、胃が荒れてしまう可能性もあります。

 

健康効果はあるが、飲みすぎには注意

このように、コーヒーにはたくさんの健康効果があります。

適度な量のコーヒーを飲むことで、体に良い変化が起こる可能性が高いです。

 

しかし、飲みすぎてしまうと、逆に健康に害を及ぼしてしまう可能性が高いため、飲みすぎには注意が必要です。

 

知っている人も多いかもしれませんが、コーヒーには、カフェインが含まれています。

適度に摂取することで、健康上良い効果をもたらすことがあるのですが、飲みすぎてしまうと、神経が興奮してしまう可能性があります。

 

神経が興奮状態になってしまうと、めまいや心拍数の増加、震えや吐き気などの症状が出てしまう事があるのです。

 

一日何杯までなら飲んでも良いの?

では、コーヒーは一日どれくらいまでなら飲んでも良いのでしょうか。

実は、コーヒーによる影響というのは個人差があるため、明確な基準は決められていないのです。

また、国によって摂取量目安が変わってきます。

アメリカの場合だと、一日3杯から5杯が適切な量だと言われています。

 

そのため、休憩の度にコーヒーを飲むのではなく、食後など自分でルールを決めて、調整しながら飲むことをおすすめします。

 

コーヒーの健康効果を促す飲み方や選び方は?

コーヒーの種類によって、健康効果の出方や飲み方が変わってきます。

では、どのようなコーヒーを選ぶと健康効果により期待が持てるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

ドリップコーヒーの方が良い

基本的にはインスタントコーヒーよりも、ドリップコーヒーを選ぶようにしましょう。

なぜなら、インスタントコーヒーとドリップコーヒーのクロロゲン酸の配合量は、5倍も違うからです。

 

そのため、手間や時間はかかってしまうのですが、コーヒーによる健康効果を最大限に発揮したいという場合には、ドリップコーヒーを選択することをおすすめします。

 

とはいえ、仕事が忙しい人や面倒くさがりの人は、わざわざドリップコーヒーを飲むくらいであれば缶コーヒーを飲むという人もいるでしょう。

 

どうしてもドリップコーヒーが用意できない場合には、缶コーヒーでも構いませんが、セブンイレブンには挽きたてのコーヒーがすぐに飲めるシステムが用意されていますので、気になる人は試してみると良いでしょう。

 

 

運動の前

コーヒーにはダイエットを手助けする効果あると解説しました。

そのため、運動をする前にコーヒーを飲むことが大切です。

そうすることで、エネルギーの消費量を高めることができ、効果的にダイエットをすることができるのです。

 

ただ、コーヒーを飲んだ瞬間にエネルギーの消費が活発になるわけではありませんので、運動をする30分から1時間前くらいに飲んでおくとよいでしょう。

 

 

お腹が空いている時と寝る前は避ける

コーヒーを飲むのであれば、空腹時と就寝前は避けるようにしましょう。

なぜなら、先ほども解説したように、コーヒーには胃の働きを活性かさせる効果があり、空腹時に飲んでしまうと胃もたれをしてしまったり、胸やけの原因となってしまったりするのです。

 

また、カフェインによって興奮状態になってしまうと、深い眠りにつくことができなくなってしまう場合があります。

もし眠れた場合でも、短いスパンで目覚めてしまったり、あまり寝た気がしなかったりする可能性もあります。

そのため、どうしても就寝前にコーヒーを飲みたい場合には、カフェインが含まれていないコーヒーを選ぶようにしましょう。

 

妊娠中は量を抑える

授乳中にはコーヒーの量を控えるようにしましょう。

1口も飲んではいけないということではありませんが、カフェインの量を減らす必要があるのです。

 

飲みすぎてしまうと、胎児の発育に影響が出てきてしまったりする可能性もあるため、検診などの際に、担当の医師に確認をしておくとよいでしょう。

 

妊娠中は何かと我慢することが多く大変かもしれませんが、元気な赤ちゃんを産む為だと思って頑張ることが大切です。

特にコーヒーが大好きな女性の場合、いきなりコーヒーの量を減らしたり、全く飲まなくなってしまったりするとストレスが溜まってしまう可能性もあります。

そのため、旦那さんも一緒にコーヒーの量を減らしてあげるなどの気遣いが大切になってきます。

適量は1日1杯が理想的です

 

コーヒーを飲んで気持ち悪くなる人は意外と多い!なぜ?

コーヒーは、飲む量に気を付けていればかなりの健康効果を得ることができます。

とはいえ、量は守っているのに気持ちが悪くなってしまう人も中にはいるのです。

 

では、一体なぜコーヒーを飲むと気持ちが悪くなってしまうのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

胃酸

考えられることはいくつかあるのですが、胃酸の過剰分泌が原因である可能性があります。

コーヒーによるカフェインは、胃を刺激する効果があり、場合によっては気持ち悪いとなってしまうこともあるのです。

とはいえ、中には、

「たくさん飲んでいるわけではないのに・・・」

と思っている人もいるでしょう。

 

しかし、カフェインによる効果は個人差があるため、少量でも気持ちが悪くなってしまう可能性もあるのです。

その場合には、コーヒーを飲む回数、飲む量を普段よりも少なくしてみましょう。

そうすることで、もしかしたら気持ちが悪くならずにコーヒーを楽しむことができるようになるかもしれません。

 

興奮

続いてはカフェインを摂取することによる興奮です。

カフェインには、集中力や興奮作用があり、テスト勉強や仕事に集中したいときに飲む人が多いです。

しかし、カフェインは交感神経も刺激してしまうため、極度の興奮状態になってしまう場合があります。

こうなってしまうと、自律神経のバランスを崩し、吐き気や頭痛などの症状が出てしまう可能性があるのです。

 

鮮度

コーヒー豆の鮮度が原因となっている場合もあります。

コーヒー豆というのは、焙煎後、しばらく時間が経ってしまうと酸化していきます。

酸化をしてしまうと当然鮮度が落ちるのですが、コーヒー豆は最初から黒っぽい色をしているため、色の変化などがわかりにくいのです。

 

野菜などが劣化した場合は、見た目などですぐに判断できますが、鮮度の低いコーヒー豆でコーヒーを作ってしまうと、場合によっては気持ちが悪くなってしまう可能性があるのです。

 

コーヒーが原因ではない

気持ちが悪くなってしまうのには、様々なことが関係しています。

場合によってはコーヒーの効果などが全く関係ない場合もあるのです。

 

というのも、ただの体調不良で気持ちが悪くなってしまっている場合や、胃の調子が悪くて気持ちが悪くなってしまっている場合なども考えられるのです。

そのため、気持ちが悪くなった時、すぐにコーヒーのせいにするのではなく、そうなってしまう原因が他にもないかどうか考えることが大事です。

前日お酒を飲みすぎたり、油物を食べ過ぎたりした場合には、同じく気持ちが悪いという症状が出てしまう可能性もあります。

 

コーヒーを飲んで気持ち悪くなったらどうすればいい?

では、コーヒーを飲んで気持ちが悪くなってしまった場合には、一体どうすればいいのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

深呼吸

単純な方法に感じるかもしれませんが、深呼吸をすることで気持ち悪さが改善される可能性があります。

なぜなら、深呼吸には自律神経を整える効果があるからです。

 

緊張した時に深呼吸をするというのは有名な話です。

緊張をしてしまうと、自律神経が乱れてしまうため、深呼吸によってバランスを整える必要があるのです。

 

もしコーヒーで気持ちが悪くなってしまった場合には、深く深呼吸をしてみることをおすすめします。

 

胃を休める

コーヒーを飲んで気持ちが悪くなってしまった場合は、胃が活発に動きすぎてしまっている可能性があります。

そのため、食事をせずに胃を休めるということも大事になってくるのです。

 

食事をしてしまうと、食べたものを消化するためにたくさんの胃液が分泌されます。

コーヒーで胃が活発になっているうえに、食事によって胃酸が分泌されてしまうと、更に気持ち悪さを強めてしまう可能性があるのです。

 

できれば1食分の食事を抜き、胃を休めてあげることが大事になってきます。

当然胃を休めている最中はコーヒーを飲んではいけません。

また、どうしても空腹に耐えられない場合には、おかゆなどの消化が良い物を食べるようにしましょう。

私自身もコーヒーを1日4杯飲みだして胃もたれや気持ち悪いと感じることがありました。

 

そこで前記の通り消化に良い物を食べたり1食抜いたら楽になったので参考にしてみてください!

 

ストレッチ

カフェインによって交感神経が刺激されると、興奮状態になってしまいます。

過度に交換神経を刺激してしまうと、気持ちが悪くなってしまう可能性もあるのです。

この場合には、先ほど紹介した深呼吸をすることが効果的なのですが、それと同時にストレッチを行うこともおすすめです。

 

ストレッチをすると、体全体を温めることができ、副交感神経を刺激することができるのです。

 

副交感神経を刺激することができれば、自律神経のバランスを整えることができ、気持ちが悪いという症状を軽減できる可能性があるのです。

 

白湯も効果的

そして白湯を飲むということも効果的です。

たくさんのコーヒーを飲んでしまった場合には、カフェインが体内にたくさんある状態になっています。

そのため、白湯を飲んで、カフェインの濃度を薄めることが大事なのです。

 

白湯を飲むとカフェインの濃度を薄めることができるだけでなく、リラックス効果を得ることもできます。

そうなると副交感神経を刺激することができ、自律神経のバランスを回復させることが可能となるのです。

 

また、白湯だけでは物足りないという場合には、白湯の中にショウガを入れてみると良いでしょう。そうすることで若干味をつけることができ、尚且つショウガの効果で体を温めることができます。

 

薬を飲む

しばらく様子を見ても、気持ち悪さが収まらない場合には、市販の薬を飲むことも大事です。

ただ、ドラッグストアなどに行くと、たくさんの薬が販売されていて、症状に合った薬を探すのが大変です。

 

そのため、店員さんに自分の症状を説明し、最も適している薬を選んでもらうことをおすすめします。

間違っても適当に薬を選ぶということはしないようにしましょう。

 

そのような選び方をしてしまうと、場合によっては、薬のせいでもっと具合が悪くなってしまう可能性があります。

 

どうしても治らないなら病院へ

何日も気持ち悪さが収まらない、気持ち悪くて動くこともできないという場合には、専門医を受診することがおすすめです。

 

そうすることで、専門の知識を持ったプロの医師にアドバイスを貰うことができるため、効率的に、そして安全に治療することができます。

自分で判断するのではなく、少しでも違和感を覚えたのであれば、早めに受診しておくことをおすすめします。

 

まとめ

コーヒーには、様々な健康効果があります。

 

しかし、飲み方によっては気持ちが悪くなってしまったり、具合が悪くなってしまったりする可能性もあるのです。

そのため、一日に飲むコーヒーの量を調整することが大事です。

とはいえ、カフェインの吸収力というのは個人差があるため、

「一日何杯まで」

と断言することができません。

 

そのため、自分の体と調整しながら、適度に飲むことをおすすめします。

Pocket

おすすめウォーターサーバーランキング3選
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターが選ばれる理由
  1. モンドセレクション賞を総なめウォーターサーバー業界ナンバー1の水の美味しさ
  2. スタイリッシュなデザインのサーバーが豊富
  3. 【期間限定】豪華なお得キャンペーンを実施中!
公式サイトはこちら
コスモウォーター
コスモウォーターが選ばれる理由
  1. 【業界唯一】足元ボトル交換が可能なサーバーが大人気!
  2. サーバーレンタル料、配送料が無料!
  3. グッドデザイン賞を受賞
公式サイトはこちら
クリクラ
クリクラが選ばれる理由
  1. 【業界最安値】500ml換算52円で利用可能!
  2. 無料お試しキャンペーン実施中!
  3. サーバーレンタル料、配送料が無料!
公式サイトはこちら
おすすめの記事