電気ケトルの衛生面は大丈夫?ベストな対策方法は?
Pocket

ケトルの普及で出てきた問題点とは?

ここの所家電店に出向くとケトルの種類が非常に多くなりました。
以前は限られた機種数で価格も想像より高いものも多く関しましたが
現在では安いものは2000円台で販売されているものも出現しています。
高くとも10000円を超えるものは皆無で手軽に購入出来るようになりました。

 

ケトルの利用方法としては即席めん等のインスタント類の為の湯を沸かす、
コーヒー、紅茶等を飲む為の湯を沸かすといったものから
毎日飲んでいる麦茶のパックを入れる為に活用という方まで様々です。

 

ケトルを使う上で最も多く見られる問題点とは何でしょうか?
多くのケトルの口コミ、実際に購入して利用した方の意見等を見ると
最も多いのが使いにくい機種に関する口コミ、感想。

 

次に衛生面の意見でした。ケトルに関しての問題点はどうしたものが
あげられているでしょうか?

ケトルに関しての問題点の口コミ・コメント抜粋
  • 湯が沸くのが以前のケトルより遅いのがイライラする
  • 消費電力が大きいのか電子レンジと同時に使うとブレーカーが落ちる
  • 湯が最後まで使えなくて前の残りを忘れる事がある
  • 水道水を使っていると白い汚れが付いて取れなくなる
  • 蓋が取れないので洗いにくいのが困る
  • 容量が小さいので麦茶用には2回以上沸かす必要がある
  • 沸いた時に音がしないので沸いた事に気づかない

 

等の意見が見られます。ケトルは機種によって仕様の違いがあるので
機種ごとに細かい違いはあるものの複数書かれていたコメントを抜粋。
平均してケトルには上記のような悩みがあるようです。

ケトルの利用の解決法はある?

ケトルは湯を沸かすという目的に絞った家電品です。
その為、最速で湯を沸かせる特徴があるものの機種によっては
湯が沸くまでの時間に差があります。同じ1リットルでも数十秒以上の差があり
機種によっては遅く感じる事があるようです。沸騰するまでの時間が早い機種は
製品紹介ページやPOPで「素早い沸騰時間」を書かれている事が多い為
沸騰までの時間を重視したい場合はこうした点を注視しましょう。

ケトルは短時間で効率よく湯を沸かす為に熱線を一気に加熱しますので
瞬間的に消費電力が上がる事があります。他の消費電力の大きな機器例えば
電子レンジ、電気トースター等と同時に稼働するとブレーカーが落ちる事も。

 

この場合、経路の違うコンセントから電源を取るようにすると解決します。
一軒家、マンション等に限らずブレーカーに書かれたコンセントをチェックし
同じ回路上に高負荷な家電を繋がないようにして、負担を軽減すると
ブレーカー問題は解決できるでしょう。

 

湯を最後まで使えないという点は機種によって差があるようです。
注ぎ口の構造からケトル内に湯が少し残るというもので
面倒ですが上蓋を全開にして湯を全て出すというのが得策のようです。

 

上蓋が取れない機種に関しては構造上対策が無いので次回に購入する時には
上蓋が外れる機種を購入するようにしたいですね。

 

容量に関してはケトルの目的上、コーヒー等を作るのが用途なので
大型のケトルはありません。大容量となると電気ポットとなるので
急速で湯を沸かすという目的とは違いますね。
どうしても大容量が必要な用途にはポット、ヤカンで沸かすという方法になりそうです。

 

湯が沸いた時にはスイッチがOFFになるという機種が多いケトル。
確かに沸いたときにピー音等が鳴れば嬉しいかもしれません。
短時間で沸くといっても時には沸かしている間にその場を離れる事もあります。

 

全ての機種に搭載されていませんが最近の機種では沸騰お知らせ音のある機種、
保温機能のあるものでは保温OFFの前に音を流す機種も出てきています。
そうした機種を購入時に選ぶのも良いでしょう。

ケトルの衛生は大丈夫なの?

ケトルで気になる事の中に衛生面が心配という意見を目にします。
ケトルは元々、湯を沸かすものなので衛生面では特に気になる点は無い?
という気もしますが主に以下の点を気にしている方が多いようです。

  1. 湯の注ぎ口の穴があいているが、埃や虫が入らないか心配
  2. 半年も1年も洗ってないけれど衛生面で心配は無いだろうか

 

といったコメントが見られます。注ぎ口には蓋が付いているものもあるので
そうしたタイプを購入するのも手でしょう。現実的にはケトルに虫が入る、
埃が入っている所を見たことはありませんが気になるようであれば
使用しない間はケトルの上部に埃除けの布等を被せるという対策は有効でしょう。

 

ケトルは日々使う機会の多い家電のため問題ないと思われますが
中には数か月に一回しか使わないという方もいるでしょう。そういうケースでは
台所に置きっぱなしという事もあるのでカバーを掛ける対策は良いでしょう。

 

また普段使っておらず、長らく食器棚の上に置きっぱなしというような
放置していた場合は注意が必要でしょう。害虫等が関わっている可能性も、
埃が蓄積している可能性もあるので使用前にしっかり点検して
洗浄をしてから使用開始したいですね。

 

半年以上洗浄しなくても大丈夫?

ケトルの使い方で最も多く見られるのが毎日のお茶を入れる為、
コーヒーを入れる為、紅茶を入れる為という日常で常用するスタイルです。
こうした中でケトルを毎日洗っているという意見がほとんどありません。

 

中には全く洗わないという方もいます。そして洗わないと言っても
水を中に入れる段階で多くが中に残っている水は捨てるし、中をすすいでから
新しい水を投入しているというのが多くなっています。

 

そもそも、ケトルは水しか入れていません。
水を毎回煮沸して使うものなので、度に殺菌されています。
水道水等にはカルシウム等が含まれるので長らく使っていると粉のような
付着物が付く事があるため、洗浄したほうが良いですが
実際の所、水しか入れないので毎回洗剤で洗う必要は無いようです。

 

質問回答サイト等でも同じような質問が出ており、回答は
煮沸殺菌しているためこれによって何かしらの問題は出ないというものでした。

 

気になる場合は毎回洗浄しても良いでしょう。しかし特に
毎回洗剤で洗う必要は無いようです。

ケトルで沸かす水はどういう水?

ケトルを使う目的は前記の通り多くがコーヒー等の飲料用です。
中にはケトルに生卵を入れて湯を沸かしてゆで卵を作るという特殊な人も。
しかし一般的には(用途以外の使用は事故の元なのでやめましょう)、
水を入れて湯を沸かす家電です。

 

ケトルに入れる水のTOPは水道水。気軽にいつでも飲めますし
経済的にも安いですね。次いで市販のミネラルウォーターです。
美味しい飲料が作れるという事で人気です。水道水も美味しいですが
ミネラルが無いのと、塩素等が含まれるので雑味が入るようです。

 

ミネラルウォーターは生でそのまま飲む事が多いものですが
沸かす事でも美味しく頂けます。面白い話としてミネラルウォーターは
銘柄によって沸かしてコーヒーや紅茶にした時に味が異なるのだとか。

 

確かにいくつかの水を愛飲していますが銘柄によってコーヒーや
紅茶の味が違ったりします。深み、鼻の抜けが違ったり滑らかになったり。

 

こうした違いを楽しむのも銘柄が多くあるミネラルウォーターならではですね。
ケトルは湯を沸かす専用機器なので常に安定した加熱を行えるのも魅力。
同じ条件で一気に湯を沸かせるので銘柄の差が出やすいのかもしれません。

ケトルにピッタリなプレミアムウォーター

©プレミアムウォーター

 

せっかく毎日ケトルで美味しいコーヒーを飲みたい、紅茶をお茶を飲みたい
家電店でインターネットでお気に入りのケトルを買っても水が悪いと残念。
ケトルを購入したタイミングでそれまで水道水+ヤカンだった人が
ケトル+ミネラルウォーターに変えるというケースも見られます。

 

日々の生活の中でコーヒーブレイクが最も大事なストレス解消という方も多く
仕事の合間にもこうした時間はすごく大事ですよね。
日頃の手洗いや食器洗いはコストを考えて水道水で対処しながら
美味しいコーヒーを入れる時、料理には水道水以外を使う方が多いものです。

 

その中でも無害を徹底してプロの飲食店も認める美味しい水が
プレミアムウォーターです。細やかなサポートは好評ですが
何より水の質が高く評価されています。

 

ラルの成分、その質はケトルでさっと沸かしての一服に最適です。
ケトルで沸騰させるのが面倒な時はサーバーに内蔵している
水を熱湯にする機能も凄く便利ですね。

Pocket

おすすめの記事