湯冷ましの効果って何?意味や用途は?
Pocket

湯冷まし器各種©Google

湯冷ましって一体何?

湯冷まし・湯冷まし器と聞くと余り馴染みが無いかもしれません。
湯は沸点があり気圧にも影響されますが100度程度で沸騰するという事は
知っている方が多いのではないでしょうか?

カップラーメン等を作る時、紅茶を入れる時等には説明書に
「熱湯」を注ぐと書かれている事が多いですが、この熱湯というのが
一般的には湯沸かし器で泡が出るほどに沸騰させた熱い湯というもの。

この熱湯を使いたく無い時に熱湯を少し冷ますのが湯冷ましです。
湯冷ましをして元来100度近い熱湯を70度~85度程度に温度を変えて
使う場面というと、赤ちゃん用のミルクを作る時や
日本茶を入れる時等に用いられます。赤ちゃん用のミルクを作る時には
飲ませる時の温度が人肌程度まで下げるのでミルクを作る段階で
ある程度まで下げておくというもの。

日本茶の場合は繊細な味わいが特徴で抽出適正温度が
紅茶等に比べると低いので美味しい日本茶を味わう為に、
湯冷ましをする事が望ましいとされています。

湯冷ましを素早くする為の方法は?

湯冷ましは沸騰して非常に熱い状態から温度を下げる事。
なので何もしないまま放置をして温度が下がるのを待つだけでも可能。
所が沸騰したケトル、ガスコンロで沸かしたヤカンをそのまま放置しても
簡単には温度は下がりません。温度計を持って確認をしてみても
室温が高い季節だと10分程度かかる事もあります。

温度が下がるのを待つ時間が長いと利便性が悪いので、
温度を下げる為に行うのが一旦、別の容器に熱湯を移動させるというものが
昔から行われてきました。一般的には陶器で出来た容器、湯飲み等に
一旦熱湯を入れて温度を下げてからミルクを作ったり日本茶を入れたりします。

容器を移し替えると平均して5度~10度程度温度が下がると言われますので
100度近くまで沸騰させた湯の場合数回移動させれば適温に、
ケトルやウォーターサーバーの場合は機器によりますが
そのままか1度程度湯冷ましをすると適温になるという事ですね。

専用の湯冷まし器も発売されている

お茶を入れる時などの為に日本では昔から「湯冷まし」器が存在します。
この器は一旦湯呑等に湯を入れる時に容量が小さいので比較的大きめで
300~500ミリリットル程度のサイズを持った容器になります。

面積が大きく効率的に湯を冷やす為の構造になっているのが特徴で
温度を下げないように肉厚で容量が比較的小さい急須とは逆の
発想で考えられた構造となっています。

この湯冷ましを一つ持っていると熱湯を適正温度に下げる時に
効率的に熱湯から丁度良い温度の湯に出来るので重宝します。
日常的に日本茶を美味しく飲みたいという場合は持っておきたいですね。

もう一つ利点としては湯冷ましを一つ持っていると
自分が持っている湯冷ましの癖がわかってくるので、どのくらいの量を
どのくらいの時間放置すればどの程度の温度になるのか?が分かり、
安定した温度で湯が使えるようになるというのは嬉しいでしょう。

美味しく日本茶を飲む方法はあるの?

湯冷ましが活躍する場面として最もメジャーなのが「日本茶」。
日本茶は長らく日本人に愛飲されてお馴染みの日常飲料の一つです。
大雑把に入れても美味しく、気を遣わずにいつでも飲めます。

価格帯も安価なものから高級なものまで好みに合わせて選べ、
気軽に飲めるので多くの家庭で飲まれています。
美味しい入れ方はあるものの、全く気を遣う事無く
沸騰させた湯をそのまま入れても十分飲む事は出来ます。

そこが日本茶の気軽で良い点ですが、もっと美味しく、
茶農家が推奨するお茶の入れ方を実践すればもっと楽しめます。
茶農家、茶メーカーも推奨する日本茶の入れ方の例としては

深蒸茶のおいしい入れ方の例
  • 茶葉を急須に用意する。一人あたり大さじ山盛り1杯目安
  • 湯冷ましに熱湯を移して温度を下げる(この時点で80度程度)
  • 湯冷ましの湯を湯飲みに入れる(この時点で70度程度)
  • 湯飲みの湯を急須に入れる
  • 急須をゆすらない、待ち時間30秒程度
  • 二杯目からは待ち時間無し(茶葉が開いている為)

 

煎茶のおいしい入れ方の例
  • 茶葉を急須に用意する。一人あたり大さじ山盛り1杯目安
  • 湯冷ましに熱湯を移し、温度を下げる(この時点で80度目安)
  • 湯冷ましの湯を急須に入れる
  • 急須をゆすらないで待つ、待ち時間は1分程度
  • 二杯目からは待ち時間無しで構わない(茶葉が開いている為)

 

茶の種類によって温度が違う事を意識

日本茶は気軽に飲めるものなので気にしなくても問題はなく、
熱湯(100度近いもの)をそのまま注いでも美味しいものです。

しかしながら深蒸茶・煎茶と温度を適正温度に調整して
急須に注ぐ事、ゆすらないで30秒~1分待つ等のポイントを守れば
想像以上に美味しいお茶が頂けるものです。

また新茶の場合は煎茶が5度高い85度、深蒸茶で10度高い80度が適温と
新茶になると温度が変わるというのも繊細が表れています。
こうした事はお茶を毎日一生懸命研究して製造している農家の方々、
メーカーの研究から出た結果なので勉強になりますね。

いつも飲んでいるお茶をこうした美味しい入れ方で飲んでみると
全く違った世界を感じる事が出来るのかもしれません。

家電機器を使った賢いやり方もあり

こうした日本茶を美味しく飲むという行為は日々の楽しみとなり
生活を優雅に、豊かにしてくれます。ストレスの解消、心理的な安定等
紅茶やコーヒー同様に日本茶を入れるというのは効果的です。

ただ、どうしても面倒だと感じる時もあるのではないでしょうか?
時間があって余裕がある時は良いですが忙しい時や、
気分が乗らない時にはどうしても億劫に感じてしまいます。

そういう時に別の方法として使えそうなのが家電類です。
というのもケトル、ポット、湯を作れるウォーターサーバーは
熱湯である100度の湯を出すものでは無いものが大半だからです。

出てくる湯の温度は機器によって様々ですが取り扱い説明書、
仕様書や本体には湯温度が書かれています。
多くが80度~85度程度が多くなっています。ということは、
日本茶を飲むのに適していると言えます。

気になる方は温度計を使って温度を確認してみましょう。
ケトルは、スイッチが付いていて沸騰すると自動的にスイッチが切れます。
蒸気口から勢いよく蒸気が出ると100度を超えているようにも思いますが
多くのケトルでは100度ではなく85度~95度程度でセンサーが反応し
スイッチが切れるように設定されています。

電気ポットの場合、お茶用の温度設定が最初からついているものがあり
こうしたものでは約80度程度の設定が多くなっています。
昨今注目されているのが家庭用の美味しい水を宅配してくれ、
家庭用のサーバーによって水を提供するシステムですが、こうした
サーバーの中には冷水と共に、湯も出せるサーバーが出ています。

こうしたサーバーの場合も湯の温度は100度ではなく80度~85度が多く
日本茶を入れるのに非常に適しているのがわかります。

こうした機器を活用すると温度管理が楽なので嬉しいですね。

毎回沸騰させたいという愛好家も多い

美味しい日本茶を飲みたいという愛好家は多いものです。
特に飲食業として生業にされているプロの方、長年日本茶を愛し
日々でこだわっている方々のお話を聞いたりすると、
保温的な機器を使う事は無く毎回沸かしているという方も多いようです。

ポイントとしては、長く一定の温度で置いておくと湯がだれてしまう。
という事を口にする方が多くいます。
科学的な実証を見ることは無いですが一定の温度で保温したものよりも
水を沸騰させてすぐの湯で入れた日本茶は美味しいそうです。

使用する水に関しては水道水を使うという方とミネラルウォーターを使う、
井戸水を使う等様々で、ミネラルウォーターを冷水のまま保存し、
お茶を飲むたびに沸かして飲むのが一番良いという方もおり
好みに応じて違うようです。

日本茶の世界は奥が深いものなのですね。色んな方法を試して
自分なりの最高の日本茶を飲むというのも良いかもしれませんね。

ミネラルウォーターで日本茶を入れる

©プレミアムウォーター

 

日本茶愛好家の方の中でもミネラルウォーターで毎回飲んでいる方は
非常に多く、特に毎日飲んでいるという方はペットボトルではなく
家庭にサーバーを設置して飲めるタイプを愛用しているという方が多く、
お茶は毎日飲むものなのでコストパフォーマンスも重視しています。

中でも評価が高いものとしてミネラルウォーターサーバーの
プレミアムウォーターシリーズ。こちらの特徴は豊富なミネラル、
安全性がしっかりと提示されている点かもしれません。

宅配方式なので重たい水を持ち歩く事も必要無いのも魅力。
家庭用のサーバーは価格が高い、サポートが心配というのがありますが
年間で見るとペットボトルで飲むより安くなっている印象です。

毎日飲む場合はペットボトルは経済的ではなくゴミも多く出てしまいます。
このサーバーも特徴として常に冷たい水と、80度前後の湯が出るので
直接この湯を使って日本茶や紅茶を作れるのは何より便利でしょう。

気軽に安全な水を使って美味しい日本茶を飲みたいというユーザーに
ピッタリなミネラルウォーターサーバーと言えそうです。

Pocket

  • 茶器の湯冷ましの使い方って?目的は?評判は?
  • 湯冷ましの効果って何?意味や用途は?
  • 湯冷まし温度って?使う水は?
  • 合馬天然水って!?評判や口コミは?
  • ウォーターサーバーをヤマダ電機で契約してはいけない!評判が悪い理由とは?
おすすめの記事
湯冷まし温度って?使う水は?
ウォーターサーバー
湯冷ましという言葉を聞いた事が無い方もいるかもしれません。 生活事情が変わる中でお茶や飲料がコンビニ等で気軽に24時間いつでも 購入出来る環...