妊娠中のつわり時に炭酸水を飲んで大丈夫なのか?ベストな選択肢は?
Pocket

 

どうも、この記事を拝見しているという事は

現在、妊娠中の方or妊活中の方がたどり着いたかと思います。

そして炭酸水を飲んでも大丈夫なのかと疑問に思っているでしょう。

 

凄く気になりますよね。

妊娠中はシビアにもなりますし、摂取するものは特に気を付けておきたいと

思うのは当然のことです。

この記事では炭酸水を飲んでも大丈夫なのかについてお話していきますので

ぜひ最後までご覧ください!

 

妊娠中に炭酸水を飲んで良いのか?

はじめに言っておくと妊婦さんが炭酸水を飲んでも影響はありません。

むしろメリットがあるぐらいです!

そのメリットを詳しくご紹介していきます。

妊娠中は炭酸水を飲むことで便秘から解放される?

妊娠中の方に多く悩まされるのは主に便秘が多いでしょう。

そうなるには理由があるのです。

主な理由としてはホルモンバランスの変化だったり腹筋筋力低下が原因で

便秘を起こしやすいのです。

私の母も元々便秘で妊娠中は更に便秘を起こし苦労していたそうです。

いつも知り合いの産婦人科医さんに相談をしていたと話してました(笑)

そして便秘知らずの人でも妊娠中はほぼ便秘を経験するそうです...

 

 

ですが炭酸水はその悩まされる便秘を解決になるとまで言われていますので、

その具体的な理由をお話していきます。

 

 

理由としては先ほど便秘の原因はホルモンバランスの変化のせいだと説明しました。

この変化が原因で蠕動運動が弱っている事から便秘を引き起こしているのだそうです。

ですが、炭酸水を飲むとこでこの運動が活発になると言われています。

 

つまりどういうことなのか

炭酸の刺激によって蠕動運動がより腸が活性化されて排便がスムーズになるのです。

さらに便秘の解消がされることにより体内の毒素も排出されると女性に嬉しい

美肌にも役立ち兼用効果もあります。

こういったメリットを起こしてくれるのは

空気中よりはるかに高濃度の二酸化炭素である炭酸が体内に入ることで

血の巡りを良くしてくれるという事だからなのでしょうね!

 

炭酸水を飲むうえでの注意点はある?

炭酸水を飲むことで便秘を解決してくれるという話をさせていただきました。

そんな妊婦さんの味方である炭酸水ですが商品選びや飲み方が正しくできていなければ

デメリットとなる可能性もありますので、ここで確認しておきましょう。

 

 

 

□炭酸水のデメリット?

・胃腸が弱い人は向いていない?

・加糖の炭酸飲料

・少量の炭酸水は食欲増加

・硬水の炭酸水

 

以上の4つが炭酸水のデメリットとなるかもと頭に入れておきましょう。

まず一つ目の胃腸が弱い人は向いていない?についてです。

炭酸水は腸を刺激して便秘を改善させると前記でもお話しました。

しかし腸の刺激が強いため胃腸が弱い人は下痢などを引き起こしてしまう場合もあるそうで

普段から腸が弱く下痢をしやすい方は炭酸水を飲むのは控えた方がいいかもしれませんね。

 

そして二つ目の加糖の炭酸飲料についてです。

加糖の炭酸飲料とはサイダーやコーラといった砂糖が多く含まれている炭酸飲料のことです。

これは避けてください。

特にコーラは砂糖が多量に入っているだけでなくカフェインも含まれています。

妊婦さんはカフェインを摂取すると悪影響を及ぼしてしまいますので避けるようにしましょう。

 

私が今までお話したのは無糖で何も入っていないよくスーパーやコンビニで見る炭酸水です。

代表例でいうとウイルキンソンの炭酸水などが市販で売られているので、

おすすめです。

 

さらに3つ目の少量の炭酸水は食欲増加。

これについてです。

炭酸水は満腹感を与えて食欲を抑制しそうと普通は思います。

一般的にはそんな風に浸透していますしね。

 

しかし少量の炭酸水は逆に食欲を増してしまうのです。

前記でもお話した通り炭酸水胃や腸を刺激し活発にすると解説しました。

しかしそれが良くも悪くも刺激してしまうことで食欲増進につながってしまうのです。

基本的には150ml以下だと食欲が増してしまうと言われています。

一回の食事で300mlが理想的で満腹感を得たいのならそのぐらいの量を摂取するのが正解です。

 

妊娠中は食欲が増える傾向がある方がほとんどなので

もし、あなたがこのことに悩んでいましたら是非、試してみてください。

 

そして最後に硬水の炭酸水についてです。

お水には硬度といったミネラル類のマグネシウムやカルシウムが含まれた数値によるものです。

硬度には軟水、硬水という2つの種類があり、

ミネラル類が多く含まれているほうが軟水、含まれていない方が硬水だという事を認識しておいてください。

そして私たち日本人に合うのは軟水です。

これはなぜかと言うとミネラルは私たちの健康の源になるのですが

この数値が高すぎるお水は私たち日本人の体に合っていなく

下痢などを引き起こしてしまう可能性があります。

よく海外旅行などで海外の水を飲んでお腹を調子が悪くなった人もいると言われのはそのためです。

そして日本の水道水のほぼ全て軟水です。

 

こういった理由から軟水の炭酸水を選んで飲んだ方がいいです。

特に赤ちゃんの事もありますので、この選択が無難でしょう。

基本的に日本のスーパーやコンビニで置いてある炭酸水はほぼ軟水です。

ですがスーパー、コンビニによっては硬水の炭酸水が稀に売っているかもしれません。

 

しかし成分表を確認していればこれは避けれます。

軟水の基準は0~60mg/L未満の水が軟水です。

60mg以上と表記されていましたら硬水なので避けましょう

見分け方はこのように認識しておきましょう。

 

表記を見るのが面倒でしたら

サントリーの天然炭酸水やウイルキンソンの炭酸水を選んでおいたら間違いはないです!

 

 

症状の状況によっては炭酸水より飲むべき飲み物がある

ここまで炭酸水について妊娠中はメリットがあるお話をさせていただきました。

ですが妊婦さんは時間が経過するにつれて様々な症状を感じることがあると思います。

 

症状によっては炭酸水を飲んだ方が良いものもあります。

そこで妊婦さんならほぼ必ず経験するであろう症状に合わせた飲み物をご紹介していきたいと思います。

 

つわりの時におすすめな飲み物

 

妊婦さんが良く起こる症状の一つは”つわり”ですよね。

つまり吐き気がしてしまう事ですよね。

実をいうと炭酸水を飲むとつわりに有効的だとも言われています。

その理由は炭酸がスカッとした飲み物だからです。

 

つわりが炭酸水と相性がいい?

つわりの吐き気によって口の中が気持ち悪く感じます。

そこでスカッとする炭酸水を飲むことで口の中をスッキリすることから

炭酸水を飲むのが有効的だと言えるのでしょう。

 

胸のムカムカなんかも気持ちがスッキリして楽になると思います。

そしてこのスッキリ感を味わうなら、強めの炭酸水である

先ほども紹介したウイルキンソンがいいと思います。

しかし飲みすぎも注意し、前記でも話した炭酸水の飲むべき量を1日300ml~500mlを目安にしましょう。

あまり飲み過ぎてしまうと逆に苦しくなってしまうので

少なすぎず多すぎずを心がけておくと楽ですね。

 

そしてもっとスッキリ爽快を味わうなら炭酸水にレモン汁なんかを入れると

ビタミンCも摂取できて更ににスッキリしますよ!

 

つわり中に炭酸水以外でおすすめな飲み物

炭酸水はつわりとの相性が良いと言う話をしてきました。

そこで次は炭酸水以外というより炭酸水より効果的な飲み物があります。

それはしょうが湯です。

しょうがは嘔吐を抑制すると言われておりヨーロッパでは妊娠中の方は

有名な対処法だそうです。

ショウガはつわりを軽くする! 医薬品並みの効果−−豪大学が臨床試験で確認

 

このような結果も出ているので期待値はあります。

飲み方もしょうが湯に、はちみつやレモンを加えたりするとより良いと思います。

 

ここで気をつけたおきたいのが夏とかになると

とても冷たいものを飲みたくなりますが、

冷たすぎるものは胃に負担がかかってしまうので控えるようにしましょう。

 

ですがこれも気をつけるのは氷を入れるのは控えましょうというレベルなので

そこまで神経質になるなくても問題ありません。

イライラを抑えてリラックスする飲み物とは?

妊娠中は初めてのことでマタニティーブルーという不安症のような症状になり

イライラしたりなど精神的なストレスが溜まりやすくなります。

そしてこんなイライラした時にリラックスするために飲みたいのがコーヒーや紅茶だと思います。

しかし妊婦さんはカフェインが含まれている飲み物を飲んではいけないと言われています。

 

カフェインのメリットとして眠気がとれると言われ朝や昼食後の仕事中に飲む方が多いです。

しかし裏を返せば不眠になりやすとも捉えられるので

妊婦さんは体調を崩さないようにしたいのですが、規則正しく寝れなくなる可能性もあるので

控えるべきだとも言われています。

 

続いての問題点があり

カフェインには血管を収縮してしまう作用があり血行が悪くなり、胎児の肝臓がまだ出来上がっておらず

排泄することがなく胎児に蓄積されていってしまい赤ちゃんの発育不良になると言われているのです。

 

ですがこれもカフェイン中毒によるものなのでコーヒー1杯程度なら問題がないと言われています。

しかし普段の生活でカフェインが含まれている食品はあるので摂取は気をつけたいところです。

 

普段飲むであろう麦茶や緑茶などもカフェインが含まれていますしね...

 

妊婦さんに物凄く良いと言われているお茶があるのです。

それはルイボスティーです!

このルイボスティーはコーヒー、麦茶、緑茶などと違いノンカフェインのお茶です。

ノンカフェインですので通常のカフェインより赤ちゃんにも悪影響はないですし

ルイボスティーは妊婦さん特有のイライラを抑えてくれるお茶で相性がいいと言われています。

 

そこでルイボスティーが妊婦さんに良い理由をお話していきます。

 

ルイボスティーが妊婦さんに良い理由は?

ルイボスティーはイライラを抑制してくれますが

それ以外にもメリットがあると言われており、ご紹介していきます。

ルイボスティーのメリット
・リラックス作用
・アンチエイジング・デトックス効果
・デトックス作用
この3つのメリットがあることからルイボスティーがオススメと言われている要因です。

では一つずつこのメリットを得られる理由をお話していきます。

 

まずリラックス効果が期待できる理由です。

ルイボスティーはフラボノイドという成分が豊富に含まれています。

この成分がストレス緩和の効果が高いと言われています。

しかもルイボスティーは前記でも話したとおりノンカフェインなので

夜に飲んでも大丈夫で温まり気分が落ち着いて安眠しやすくなりますよ!

 

続いてはアンチエイジングについてです。

アンチエイジングは老化を少しでも抑えて若さを保つための意味をもちます。

そして老化の天敵である活性酸素があります。

活性酸素は日常のストレス、脂肪分の多い食事、睡眠不足などからくるもので

これらが活性酸素を発生してしまい老化を引き起こしてしまいます。

 

しかし活性酸素の除去に期待できる成分がルイボスティーには含まれているのです。

アスパラチン、オリエンチン、ケルセチンが活性酸素の除去に役立つ主な成分が

ルイボスティーには含まれていることからアンチエイジング効果があると言われています。

 

そして最後のデトックス作用についてです。

ルイボスティーに注目してもらいたい成分がSOD(スーパーオキシドジムスターゼ)

この成分がどのようなメリットをもたらすのかと言うと

カラダの毒素の排出を促進してくれるのです。

またルイボスティーには亜鉛、ビタミンCの成分もバランスよく含まれているので

リンパの流れを改善し溜まってしまった老廃物を流してくれることによって

デトックス効果が期待できると言われています。

 

以上がおおまかなルイボスティーのメリットと言われています。

ただ知っておいてほしいのが薬ではないので人によって合う合わないとあります。

あくまで参考程度にしておきましょう。

しかし、ノンカフェインで良い成分が豊富なのは間違いないので

飲んでいて悪いことはないです。

ですが気をつけてほしいのが良いと知ったから偏って飲むのは避けましょう!

常識的な範囲内(1日2~3杯ぐらい)に留めておいてください。

 

ここまでルイボスティーは妊娠中のママさんの味方になるお茶という話をしてきました。

そこで妊婦さんはどのルイボスティーを選べばいいのか悩むと思います。

そんなママさんと相性がいいとの評判があるルイボスティーがあります。

 

それはエルバランシアのルイボスティーです。

エルバランシアのルイボスティーは妊娠中、妊活さんに向けて開発されたお茶です。

通常のルイボスティーと違い普通は1パックの茶葉が2~3gしか入っていないのですが

エルバランシアのルイボスティーは5g入っており煮出す成分はとても濃厚で品質が高いです。

 

さらにこのルイボスティーは今なら初回半額キャンペーンをしていますので

興味がありましたら公式サイトを拝見し確かめてください!

エルバランシアの公式サイト

 

Pocket

おすすめの記事