ウォーターサーバーのお湯でカップ麺を作ると美味しい?
Pocket

©日清カップヌードル

 

日々の生活の中にすっかり欠かせなくなったカップラーメン。
中には苦手な人もいますが多くが馴染みの食べ物でしょう。
アウトドアに出た時、レジャーの時でもお湯さえあればいつでも食べられて
常に安定した味を得られます。変わらない品質なので安心して購入出来ます。

カップラーメンの優れた特徴として、開封しなければ長期保存が可能で
場所も取らないのですぐに食べなくても保管品として重宝する点です。
災害用にも家庭内に保管している方も少なくありません。

こうしたカップラーメンは今や種類が多くなっており昔ながらの定番、
日清のカップヌードルをはじめ麺に拘ったもの、スープに拘ったもの、
中には奇抜な内容で驚くようなキャンペーン品まで登場しています。

このカップラーメン、食べる時にはどういう方法で作るでしょうか?
ケトルで沸かす、ガスで沸かす、電気ポットの湯を使う等
様々な方法があるでしょう。この使う湯によって味が変わるという話を
耳にする事がありますが事実なのでしょうか?

水道水で作るか市販水で作るか?

多くのSNSや資料、ネット上の意見を見てみるとカップラーメンは
水道水を使ってガスコンロで沸かすという方法とケトルで沸かすという
意見が半々程度のようです。確かに水道水は便利で安いので良いですね。

同時に日ごろからペットボトルの水を買ってきて飲んでいるという方は
ペットボトルの水をヤカンで沸かす、ケトルで沸かすという方が多いようです。

市販のペットボトルに入っているミネラルウォーター等で作ると
美味しいという意見も多く見られます。差はあるのでしょうか?

軟水のミネラルウォーターでカップ麺を作るとおいしく感じ、
塩味がわかりやすいという意見が複数みられました。
水道水より市販の水のほうが味が鮮明で美味しいようです。

水道水にはどうしても塩素を含めた成分が含まれる為に
綺麗にろ過して雑味の少ない水で湯を作ると美味しく感じるのかもしれません。

湯を沸かすのが面倒と感じるユーザー多数

カップラーメンは長期保存も出来る便利な食べ物です。
その反面、湯を沸かして入れなければ食べられません。出来上がるまでに
ワンステップ存在する事から、買ったものの冷蔵庫の上に置きっぱなし、
台所の棚に置きっぱなしでついすぐに食べられるものを食べるという人も。

お湯を沸かして用意をするのが面倒という声があります。
こういう時に最も楽な方法は無いでしょうか?

湯を常備しておく方法を考える

電気ポットには沸騰の他に保温という機能が備わっています。
他にはウォーターサーバーにも保温機能がある機種が存在します。

電気ポットは湯をヤカンで沸かすのと同様に水道やペットボトルから
ポットの中に水を入れる必要があります。ウォーターサーバーは
常に水がスタンバイされている為、熱湯ボタンを押すだけで使用可能です。

電気ポットは便利で追い炊きも付いている機種が多いので
高温のお湯を作るのに便利ですが気になる点としては常に全ての水を保温し
長い時間放置しがちなので衛生面でも気になります。
通常時は空で、使用する寸前に水を入れる事で懸念解決できますが
それであればケトルのほうが便利という事になってしまいます。

素早くお湯を使えるという点ではウォーターサーバーは便利です。
出てくるお湯の温度はどうでしょうか?

ウォーターサーバーの湯の温度は何度?

©プレミアムウォーター

 

昨今人気となっているウォーターサーバー。水に対する意識が向上をし水道水より
自宅に常備するミネラルウォーターを常飲する事で快適で安全な生活を実現。
水は日々の生活に欠かせないものとなっており特に健康志向でなくとも
安全な水を飲むという需要は伸びています。

コンビニやドラッグストア等で購入するのも簡単ですが毎日の事なので
容器類のゴミの処理も大変です。水は量が多くなるので
どうしてもゴミも大量になってしまいます。

持ち運ぶのも大変なので躊躇してしまう人も多いものですよね。
大手メーカーのウォーターサーバーの場合はメンテナンスは勿論、
日々の暮らしの中心である水なので便利な宅配によって水が届きます。

容量の大きいタンクが届くので一度セットしてしまえば無くなるまで
長く使えるのが嬉しいですね。

ウォーターサーバーは常に通電していますので美味しい温度で
水を飲むように出来ています。冷水と湯が出せる機種が多くあり、
冷水のみ、冷水と湯の両方を備えたものなど多種多様。
目的に応じて利用する事が出来ますが、カップラーメンに使う場合
湯が出る機種が欲しいですね。この湯は目的としては主に白湯、コーヒー、
お茶、紅茶、ココア等の飲料用に考えられたものとなっています。

湯の温度は70度台~80度台が基本の温度

©プレミアムウォーター

 

ウォーターサーバーの湯は機種ごとに違いがあります。
多くの湯の出るシリーズでは80度前後が最も多くなっています。
お茶やコーヒーを入れるのには最適な温度となっていること、電気消費量等
総合的にみて無難な温度設定だと言えます。

カップラーメンに最適な温度とは何度?

カップラーメンメーカーを調べてみると「熱湯」を使う事を推奨。
一般的に熱湯とは湯を火にかけて沸騰した直後の湯を言いますので
恐らく80度以上100度未満の熱い湯を指しています。

実際に実験として、カップラーメンを70度~80度未満で作ると
スープはぬるい感じでしたが特に麺が美味しく出来上がらず、
3分経過しても芯が残り、パサパサした不味い麺が出来ました。

具材も未完成のような固い部分が残る等、80度以下ではカップラーメンは
美味しく出来ないという結論に達します。

対して温度計を用いて90度以上100度未満の範囲であれば
美味しく作る事が出来ました。ポイントは90度という辺りのようです。
90度以下では麺がボソボソした感じまでにしか完成しませんでした。

90度以上の湯を作れるウォーターサーバーが欲しい

©プレミアムウォーター

多くのウォーターサーバーは80度以上に対応しておらず
ほとんどが80度~85度でした。プレミアムウォーターに関しては
機種により、再沸騰機能が備わっています。この機能では通常時
85度前後までの湯が90度まで沸騰されます。

90度以上あればカップラーメンは美味しく食べる事が出来るので
プレミアムウォーターの再沸騰機能付きの機種はお薦めと言えますね。

温度だけでなく水の質が高いのもポイント

カップラーメンに使う水に拘ると風味、味に変化が起こるようです。
市販のミネラルウォーターと水道水を比較するだけでも違いがあり、
特に違いを感じるのがスープの透明感かもしれません。

スープを飲んだ後の鼻から抜ける風味がクリアに感じます。
軟水のミネラルウォーターは日本食をメインに扱う料理店、
繊細さを求める寿司店等でも活用されています。

特に出汁を大事にする京都の料亭でも水に拘るお店は多く、
何より水の美味しい地区には水を活用した名産物が豊富ですね。

カップラーメンは何を使っても同じという意見もあるかもしれませんが
温度、質がしっかりしていると美味しく変化するのも間違いなさそうです。

カップラーメンを美味しくするには温度と質

カップラーメンを作る時に最も重視したいのは水の温度。
ポイントとしては90度以下ではスープは美味しくなるものの、
面に芯が残ったりパサ付くので美味しさに欠けます。

カップラーメンに注ぐ段階で90度以上の湯を使用する事が最も重要で
水の質は軟水がベター。出来ればミネラルウォーターを使えれば最高。
水道水も問題なく食べられるもののスープの美味しさは水道水よりも
綺麗で軟水のミネラルウォーターが良いようです。

条件を満たすメーカーの一つ、プレミアムウォーター

©プレミアムウォーター

 

機種により使用する時に湯を80度前後から90度までブーストアップする機能があり
尚且つ水の質は一流。多くのユーザーに支持されている信頼のメーカーが
プレミアムウォーターです。こちらは家庭まで宅配で届けられるので
不便な事が無く、重い水を一生懸命運ぶ必要もないのが嬉しいですね。

同時に訪問クリーニングサービスがある為に常に清潔で
いつでもクリーンな水を飲みたいというユーザーも満たしています。

カップラーメンを美味しく頂くだけではなく美味しいコーヒーや
紅茶やココアもいつでも飲むことが出来ますね。

驚くことに常温で飲む為のスタンド等のオプションも豊富なので
困ったときにいつでも役にたつグッズも充実しています。
サポート窓口もしっかりしているので安心ですよね。
日々の生活に欠かせない水、湯。こうしたものを利用して充実した生活を
送る事で健康を維持出来そうです。

Pocket

  • ウォーターサーバーのお湯でカップ麺を作ると美味しい?
  • 羊蹄のふきだし湧水とは?美味しい?評価は?
  • 茶器の湯冷ましの使い方って?目的は?評判は?
  • 湯冷ましの効果って何?意味や用途は?
  • 湯冷まし温度って?使う水は?
  • 合馬天然水って!?評判や口コミは?
おすすめの記事
猫にも人にも安心の浄水器ブリタ
プレミアムウォーター
ブリタの浄水器各種は塩素を除去。水道水にも含まれる ミネラルは残しますので屋外で作業をする時の水としても好評。 何処でも水道さえあればいつで...
水道水とミネラルウォーターの違い?
プレミアムウォーター
水道水とミネラルウォーター 人々の生活に欠かせない「水」。昨今は様々な水が出回るようになりました。 そんな水ですが人にとってどの位重要なので...