炭酸水の美味しい飲み方?実は知らない炭酸水の秘密?
Pocket

炭酸水の意外な秘密ってなに?

自動販売機やコンビニでは多くの炭酸を含む飲料水が販売されており
大人から子供まで大人気です。ファーストフード店でも飲食店でも
程よい喉越しの炭酸関連の飲み物は心地よくて美味しいですね。

以前はこうした炭酸は飲んだ時の爽快感を出すものとして使われましたが
炭酸飲料を飲む事で人々の身体に影響を与えるという事がわかってくると
美味しいから飲むという目的以外でも炭酸飲料を選ぶ人が増えてきました。

この炭酸水は多くが人工的なもので水やジュース等に対して二酸化炭素を注入。
炭酸は元々水に溶けにくいものなので強制的に注入してから
密封したものが出荷されていきます。ペットボトルや缶を開封すると
注入していた炭酸が泡となって目に見えるのは炭酸が空気中に出ようとする姿。

何時間も放置しておくと全ての炭酸が空気中に出ていき
やがて「気が抜けた」と言われる状態になるのはこの為です。
人工的に作った炭酸水の他に自然の天然炭酸水も存在します。

雨や雪解け水が地下への浸水し、やがて地上に湧き出る迄の間に
自然の炭酸が混合されたもので大変貴重な水として知られます。
人工的に二酸化炭素を注入したものと比較すると強い炭酸ではなく
比較的緩やかで細かい泡が特徴ですが大量に産出されないので
市場には余り多く出回っていません。

天然の炭酸水は貴重なものと言えますね。日本では2ヶ所でしか採取出来ず
価格的にも高めになっています。自然界で水が循環する間に水の中に
二酸化炭素がじっくり溶け込んだものなので泡が細かくて
微炭酸なのが特徴でしっかり水に溶け込んだ印象です。

炭酸は人工であっても天然であっても水に二酸化炭素が溶け込んだもので
構造は同じはずなのですが実際には天然の炭酸水は確かに細かい泡で
舌触り、喉越しが人工の炭酸水と異なる印象を持ちます。

胃腸の動きを活発にしてくれる炭酸水?

こうした炭酸水は炭酸の刺激によって内蔵に程よい刺激を与えて
活動を活発にすると言われています。最も期待されるものとしては
胃腸関係の活発化で、季節の変わり目等で胃の活動が弱くて食欲が無い時、
炭酸水が胃を適度に刺激して食欲回復になるというもの。

更に女性の方等特にお悩みの事が多い便秘問題にも炭酸水を飲むと
腸を刺激して便が出やすくなるという効果も期待出来るようです。

炭酸水を大量に飲むとガスが含まれる事からオナラが出やすいという
意見も見られます。ただこのオナラも体内を通って体外に出るものなので
腸のとっては運動になる事からこのガスの通過も効果の一つと言われます。

仕事中等には少し困ってしまいますが炭酸水を活用して
胃腸の調子が悪い人が改善されるとしたら見逃せないですね。

炭酸水の美味しい飲み方は何がある?

炭酸で馴染みの深いものとしてコーラ等の炭酸飲料かもしれません。
炭酸を含んだ清涼飲料水は美味しくいつでも飲めて嬉しいものですが
気になるのが糖分です。糖分は取りすぎると糖尿病をはじめ体に負担に。
適量であれば問題無いものの毎日飲むには気を使いますね。

日々の生活の中で仕事を終えた後で飲むお酒にも炭酸はお馴染みです。
生ビール、酎ハイ等人気のお酒にも炭酸が入っている事で爽快感に繋がり
とっても美味しいものですね。

生ビール、酎ハイも飲みすぎると糖類が過多になるので気になります。
そうした中、昨今ブームとなっているのがハイボールです。
蒸留酒と炭酸を合わせたハイボールは、ウイスキーと炭酸水、
焼酎と炭酸水を合わせる事で作れます。

居酒屋等で出される酎ハイは甘味料が入っていることから
自宅でウィスキーや焼酎と炭酸水を作って飲む人が増えています。

価格的にも安く済ませられ自分の好みのアルコール濃度にも出来るので
日々のストレス解消と同時に炭酸の恩恵を受けられますね。
勿論糖類が少ないので安心ではあるもののアルコールの取りすぎは
体に良くないので適量を楽しむようにしないといけませんが
炭酸を自宅で気軽に楽しむものとしては良いですね。

水の代わりに利用する事で万能に

炭酸水は水に二酸化炭素を混ぜたもの。炭酸水を飲んで日々の生活に活かしたい
けれど毎日炭酸水をそのまま飲むのに苦労するという人もいるでしょう。
水の代わりに炭酸水を飲むだけで良いのは分かっていても日頃から水ではなく
ジュースやお茶を飲んでいるという場合、どうしても無味・無風味だと
少ししか飲めないという事もあるようです。そうした場合は炭酸水を
通常の水として考えるとバラエティー豊かな飲み方が考案出来ます。

水にレモンを入れたレモン水。炭酸にも天然のレモンの果汁を絞って入れると
家庭でも出先でもいつでもレモン炭酸水を飲めます。
疲労回復にも効果を持っているのでお薦めの自作ドリンクです。

水の代わりという事で考えるとカルピスを作る時に炭酸水を使う、
コーヒーに入れる、ジュースに入れる等アイディア次第で
好みの炭酸ドリンクを作る事が出来るでしょう。

熱を加えると炭酸が一気に抜けてしまうのであくまで常温か冷たい
飲みものに使う事が前提ですが通常時に水を使って作るものには
炭酸水が代用でき

炭酸水の水は上質なもの?

炭酸水の魅力として見逃せないものの一つとして全ての市販されている炭酸水は
製造過程で水に二酸化炭素を人工的に注入しているものが大半です。
一部は天然炭酸水もあるものの世界中で天然炭酸採取場所が限られており
出てくる炭酸水の炭酸量が少ない為に一般的には多く流通しません。

ほぼ全ての炭酸水はまず水を用意して二酸化炭素を混合してから
製造しているものという事になります。この水の加工がポイントと言え、
原料となる水をまずはろ過システムを活用して完全に綺麗にします。

その為、市販の炭酸水は癖が無く限りなく純水に近い水が使われます。
ミネラルウォーターの場合採取場所や含まれるミネラル、硬度、PH値等
銘柄によって特徴がある事が多いのですが炭酸水の場合は
どの銘柄のものを試飲してもほぼ透明感のある癖の無いのがわかります。

炭酸水は癖が少なく安心して楽しめる

炭酸水は銘柄による味の違いが余り無い事から銘柄に拘る事無く
選べる利点があるのでドラッグストア・ネットショップ・スーパー等で
一番手軽に買える場所で買えるだけでなく価格の最も安い場所で
購入する、バーゲンの時に購入するなど気軽に利用出来るのも魅力です。

炭酸水を選ぶポイントは炭酸量

炭酸水を飲んでみると原材料の水をしっかり下処理しているので癖が無く
美味しいものです。多くが水道水を特殊な設備で完全浄化したものが
ベースとして使われています。(中にはそうでないものもあります)

こうなると炭酸水はどれを買っても同じものなので色んな銘柄は不要では?
と感じてしまいますが炭酸水だけあって最大の違いは炭酸の量になります。
製品によって炭酸の強さが異なるのです。

中には「強炭酸」といったわかりやすく通常より炭酸が多いという
表示をしている製品も出てきています。
こうした炭酸の注入量を上げた製品はハイボール等お酒を作る場合に
特に需要があり喜ばれています。

一般にそのまま飲む時にも通常の炭酸水より刺激が強い事から
日常で炭酸水を生活で常飲しているヘビーユーザーにも好まれます。

逆に炭酸を飲みたいけれど不慣れな場合は強炭酸は避けて
ソフトな口当たりの炭酸水から始めてみると良いでしょう。

炭酸の強さにより用途別に使い分ける

日常生活に上手く炭酸水を取り入れている利用者の中には
用途に応じて炭酸水の銘柄を使い分けている人もいるようです。
例えば大人がハイボール等のお酒を楽しむ時には強炭酸水系ものを使い
強めの炭酸にする事で飲んでいる間に炭酸が抜けるのを防ぎ、
子どもたちに飲ませる時は弱めの炭酸水を使い、日頃の常飲用には
自分が最も気に入っている若干高級な価格帯の炭酸水をという形で
日頃のスタイル、用途に合わせて変えていくと更に楽しめそうです。

市販の水同様に開封したら使い切る

炭酸水の場合、通常の水と違って自宅や会社の蛇口から出てくるものではなく
お店で購入する事が大半となります。水道水ではないという点では
ミネラルウォーターと同じ扱いをしたいものです。

水道水であれば塩素を含む事で若干の日持ちが期待出来ますが
市販の水同様炭酸水も開封したら早めに使い切る必要があります。
特に注意したいのが口を付けて直接飲んでしまった時。

こうすると口からの雑菌がペットボトル内に混入し増殖しますので
出来るだけ早くに飲み切るほうが安全です。
ハイボール等に使う場合は開封後にグラスに注ぐだけなので
残ったらすぐに冷蔵庫に入れておくと数日は問題無いようです。

炭酸水の場合は市販の炭酸漏れ防止キャップが多数販売されていますが
どうしても開封後は自然と炭酸が抜けるので開封後は限界は
1日~2日程度。出来るだけ新鮮なうちに美味しく頂きたいですね。

Pocket

おすすめの記事