湧き水の賞味期限等はないの?疑問にお答えします!
Pocket

湧き水って一体どういう水の事?

全国をドライブしたり旅行していると時折水飲み場のようなものがあり
湧き水の名所といわれるような場所を見つける事があります。
湧き水は自然の水の一つで川の水や谷や沢の水と同じく天然の水です。

こうした水は元々は雨水や雪解け水、周囲の川や池を含めた
自然の中に存在する水が一旦地面に染み込んでいき、
その水が地表に浸透した後で、湧き出てきた水というのが一般的です。

メディアでも稀に地元の住民の方々がペットボトル等に採水して
自宅に持ち帰ったり、その場で野菜を洗ったりしている風景を
目にした事があるかもしれません。こうした自然に湧き出た水そのままのものが
湧き水という事になります。こうした湧き水の特徴はどういうものでしょうか

湧き水には何の手も入っていない

全国にある湧き水は「美味しい」といわれるものが多く人気スポットです。
所がこうした場所の水は熱処理や雑菌処理は行われておらず
一般的に市販されている水と同じように考える事は出来ません。

一般的にミネラルウォーター販売メーカーが扱っている水は
同じように自然の水を採水したものが多いものの採水後に処理をします。
自然の中にあるもので流動性がある事から多くは問題が少ないものの
稀に鳥の糞等によって意図しないものが混じっているケースもあり、
殺菌処理をしてから飲むのが好ましいと言えます。

過去に全く事故例の無い水の場合は問題が起きにくいものですが
万全を考えた時には一度煮沸して利用するなどの対策をしたいものです。

成分表などわかっているのだろうか?

全国の観光名所・地方には多くの湧き水スポットが存在しています。
熊本県池山水源・熊本県白川・北海道京極のふきだし湧水等多くのスポットがあり
これら有名な湧き水スポットでは観光客に為に水を飲む容器等が設置されています。

こうした有名エリアでは自治体が事前に水質チェックを行っている箇所もあり
安全性が担保されている場所もあります。しかしながらこうしたスポットでも
水をろ過したり処理をしていないので完全では無い点は理解が必要です。

安全性の高いものとしては水質検査をしている旨の提示があるかどうかも
チェック方法として参考になります。誰も知らない特別な場所のような
全く検査をした事が無いような場所で飲む場合は気を付けたいものです。

湧き水の消費期限のようなものは存在するのか?

湧き水は加工していない天然の水という事を前提に考えると賞味期限はありません!
その場で飲むのが最善と考えれます。これでもある程度のリスクはありますが
更に雑菌等が含まれている場合では持ち帰る時の容器の状態、輸送中の温度や
環境によっては雑菌の繁殖を含めて気になる点が出てきます。

市販の湧き水加工品であれば水自体の殺菌の他、容器もしっかり減菌され
輸送にも水の注入にも最善の努力をしている事が多いので
一般の人々が採水して持ち帰って利用するには相当の注意が要りそうです。

持ち帰るときは出来るだけ清潔で密封出来る容器を利用するようにして
利用する時は煮沸殺菌する等の対応が望ましいかもしれません。
残った水も長期的に放置する等を避けてリスクを抑えたいですね。

湧き水の味はどうなんだろうか?

私達が美味しいと感じる水で一般的に言われるのが硬度が高く無い水。
軟質と言われる水は飲み心地が柔らかく美味しいと感じやすいようです。
一般的な水道水の硬度が50-60程度なので硬度はこれに近いか低いと
飲み心地が良いと感じる事が多くなります。

湧き水の中ではこの範囲のものが多く、更に成分的に水道水では無いような
酵素・蒸発残留物・マンガン酸カリウム・ミネラル・匂いや水温等
要因が多く存在します。湧き水には豊富なミネラルが入っている事が多く、
これは雨や雪解け水が地面に染み込んで、深い地層まで入り込み
その後で時間をかけて地表まで湧き出た事で一定の不純物がなくなり
同時にミネラルが多く含まれるという事から名所ごとに味わいが異なり、
水道水にはない「美味しさ」を感じられます

湧き水の特徴として水温も見逃せないポイント

湧き水は含まれる成分・硬度・PH値によって特徴が決まりますが
同時に水自体の「温度」も湧き出る場所に応じて違いがあります。

人間が食べ物を口にする時に美味しいと感じるのには味の他に
温度がある事は間違いなく、美味しい料理には適当な温度がありますね。
水も同様で、生ぬるい温度よりもある程度冷たい温度のほうが
美味しいと感じる事が多いものです。

湧き水の場合、地下に一旦水が集められて地上に出てくるので
水温が高いという事は少なく冷たいと感じる事が多くなっています。

一般的に人は体温より20度~30度程度低い温度の水を美味しく感じます。
おおよそ37度とすると7度~17度迄の冷たい水に魅力を感じるのですね。
こうした理想の温度と湧き水の温度が一致するので
湧き水はより美味しく感じるという事のようです。

湧き水には塩素などが含まれていない

水道局から送られてくる水は長い水道管を通り蛇口に到着するまでに
非常に長い間、雑菌等にさらされる為に水道水には塩素が含まれます。
人体に影響のない程度の殺菌を行うのですね。

湧き水にはこうした処理が当然行われていないので、塩素が含まれず
自然のままのものです。ミネラルが豊富で冷たい水温、更に余計なものが
人工的に添加されていないので益々美味しく感じる要素が多いと言えます。

湧き水はこうした様々な要因があるからこそ美味しいのですね。
全国には多くの湧き水の飲めるスポットがあります。自治体も観光名所にと
精力的に水を採水出来るようにしたり、水を飲める施設を用意したりと
注力している所もあります。上手く活用してみたいですね。

湧き水を安心できる状態で家庭で飲める

©プレミアムウォーター

 

湧き水も美味しく、観光地巡りをしながら天然水を飲めるので素晴らしいですが
安全性をしっかり確保したい場合はプレミアムウォーター等の水を利用したいもの。
プレミアムウォーターをはじめ湧き水と同じような原水を利用した製品は
本来の湧き水の良さをそのままにして特殊フィルターを使い
雑菌処理をした水となっています。自然界には鳥等の動物も存在していますので
そうした鳥の糞等の不純物が混じってしまう事も自然界では仕方の無い事。

こうした不純物を取り除いて、雑菌を無くす事で長期保存が実現します。
更に採取した後にパックする時に使う容器もしっかりと殺菌されています。

家庭用サーバーで使われる天然水は採取した水をしっかり除菌をした上で
無菌の容器にパックして家庭まで直送されます。

美味しい温度で24時間飲めるサーバー

©プレミアムウォーター

 

水を美味しいと感じる要素として水の品質の高さは勿論ですが温度も重要。
体温から-20度前後の水温の水は美味しいと感じやすいものです。
家庭用のサーバーではこうした事をしっかり実現する為に
水を常に冷やす機能が備わっています。せっかく美味しい天然水なのに
生ぬるい温度ではガッカリですね。プレミアムウォーターのサーバーは
いつでも飲みたい時に適切な温度で飲むことが出来るのも魅力の一つです。

現地に行かなくても家庭まで配達してくれる

喉が渇いて水が今すぐ欲しい時に冷蔵庫に置いてある常備水が切れていると
ガッカリしませんか?水は生活の一部。いつでもそこに必ず無いと困ります。
市販のペットボトルを使っていると、気を付けていても在庫を忘れてしまい
飲みたい時に切らしてしまう事がありますね。

プレミアムウォーターは事前に注文をしておくだけで家庭まで
宅配で直送してくれます。水はペットボトルでもまとまれば重いので
自転車で購入して運ぶのも大変。歩いて持ち帰ると更に困ります。

自動車で出かける場合でも箱で買うと持ち運びに困ってしまいます。
水は毎日飲むものなので量的にも多くなりますから家庭まで
宅配で送ってもらうというサービスは助かりますね。

湧き水の良さと安心の両立が出来る天然水サーバー

美味しくて身体に良い天然水の良さと水道水のような便利さを
両立した家庭に直送してくれるサーバー天然水は利点を両立。
美味しいお水をいつでも飲みたい方にはピッタリのものですね。

Pocket

おすすめの記事