ウォータースタンドで出せるお湯の温度は一体何度?メリットやデメリットは?
Pocket

 

美味しくて安全な水を飲める家電というのは近年増えています。

ただ、ウォーターサーバーやウォータークーラー、ウォータースタンドと様々な種類があるため、混乱してしまう人もいるでしょう。

 

この記事では、ウォータースタンドのメリットやデメリットについて詳しく解説すると共に、ウォータースタンドで出せるお湯の温度は何度くらいなのかということについても解説していきます。

 

ウォータースタンドの冷水、常温、温水の温度は何度?

ウォータースタンドというのは、水道と直結して使う家電です。

ウォーターサーバーなどのように、水のボトルを必要とせず、水道水を使って美味しい水を飲むことができるのです。

 

とはいえ、水というのは飲むだけでなく様々な場面で必要となってきます。

場合によっては、冷水ではなく常温や温水を使いたい場合もあるでしょう。

そうなると、気になるのはそれぞれの温度ですよね。

 

基本的にウォータースタンドの場合は、

ウォータースタンドの温度

・水5.5℃から7.3℃

・お湯85℃から93℃

・常温水20℃から35℃

 

 

常温の場合は、季節や地域によっても温度が若干変わるようですが、大体これくらいの温度を目安として考えると良いでしょう。

また、ウォータースタンドの種類によって、冷水の温度や温水の温度が上下すると思っている人もいますが、基本的には同じくらいの温度になるようです。

 

常温水の活用方法とメリットは?

ウォータースタンドというのは、水道直結型ですので、中には、

「そのままでも変わらないのでは?」

と思う人もいるでしょう。

 

しかし、ウォータースタンドというのは、水道水を綺麗に浄水してくれるため、安全かつ美味しく飲むことができるのです。

水道水をそのまま飲んでも健康に影響は出ないことが多いのですが、やはりカルキ臭がしてしまったり、独特な味がしてしまったりします。

そのような事が気になったり、できるだけ美味しい水を飲みたいと考えていたりするのであれば、是非ウォータースタンドを活用してみることをおすすめします。

 

ところで、ウォータースタンドで常温水を飲むメリットをご存じでしょうか。

タダの水道水ではなく、ウォータースタンドを通した常温水だからこそ得られるメリットもいくつかありますので、詳しく見ていきましょう。

 

体の負担を軽減

常温水というのは、体への負担を軽減してくれます。

冷水や温水が体に極端な負担をかけるということは少ないのですが、どうしても内臓がびっくりしてしまったり、体温を下げてしまったりする可能性があります。

 

そのため、特に冷たい水を一気に飲むことは避けるべきです。

常温水は、熱すぎず冷たすぎずの温度を保つことができるため、内臓に負担をかけることなく、尚且つ体温を急激に変化させてしまうこともないのです。

 

ダイエットをしている人や、デトックスをしたい人など、健康に気を使っている人の中には、朝起きてコップ一杯の常温水を飲むという人もいます。

そうすることで、腸の活動を活発にすることができ、便通を良くしてくれる場合もあるのです。

 

健康な体を構築するためには、水をたくさん飲む必要があります。

一般的には、一日2ℓほどの水を飲むと良いと言われています。

とはいえ、冷たい水や熱いお湯を一日2ℓ飲むのは、逆効果になってしまう可能性もあるのです。

しかし、常温水であればちょっとしたブレイクタイムに飲むこともできるため、無理なく健康な体を作っていくことができるのです。

これくらいの水を飲むことができれば、たくさんの汗をかくことができるため、先ほども解説したデトックス効果を最大限に発揮することができる場合もあるのです。

 

うがい

帰宅した際や、歯磨きの後などはうがいをしますよね。

このようなうがいにもウォータースタンドを活用することができます。

 

とはいえ、冬のうがいをためらってしまう人というのは意外と多いのです。

なぜなら、

「水が冷たすぎるから」

です。

 

特に視覚過敏の人は、冷たすぎる水を口に含むだけで激痛が走る場合もあるため、中々大変です。

常温水でうがいをすれば、そのような痛みに悩まされることもないため、できるだけ常温、もしくは温水でうがいをすることをおすすめします。

 

冷水の活用方法とメリットは?

続いては冷水の活用方法です。

ウォータースタンドでは、当然冷水も出すことができます。

毎日当たり前のように使っている冷水ですが、

「具体的な活用方法は?」

と聞かれると、あまり思い浮かばないことが多いです。

 

では、冷水には一体どのような活用方法があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

お米用

まずはお米用です。

お米というのは日本人の主食です。

できれば美味しく食べたいものですよね。

美味しいお米を食べたいと考える人の多くが、米の質ばかりを気にしてしまいます。

もちろん米の質というのもとても大事になるのですが、それ以上の水の質が大事になってきます。

 

 

どれだけ高価で質の高い米を使っていても、水の質が低いと美味しく炊くことができません。

ウォータースタンドを活用することで、より質の高い水で、米本来の味を引き立てることができるのです。

 

「ウォータースタンドを使うだけで米の味が変わるの?」

半信半疑の人は、是非水道水で炊いた米と、ウォータースタンドで炊いた米を食べ比べてみることをおすすめします。

 

お酒の水割り

続いては水割りです。

お酒が好きな人もたくさんいるでしょう。

また、毎晩の晩食を楽しみに生きていると言っても過言ではない人もいるのではないでしょうか。

ビールなど、特に割る必要がないお酒であれば特に問題ないのですが、ウイスキーや焼酎、梅酒などを水割りで飲みたいという人もいるでしょう。

 

特にお酒好きは、水の味でお酒のうまさが変わることを知っていると思います。

水道水で割ってしまうと、どうしてもカルキ臭や鉄の味などがまざってしまい、酒そのものの味を殺してしまう可能性もあるのです。

 

中にはミネラルウォーターなどを毎回買ってくる人もいると思いますが、それではどうしても出費がかさんでしまいます。

しかし、水道直結型のウォータースタンドであれば、水を買ってくる必要がなく、水道水で美味しいお酒を作ることが可能となるのです。

 

氷を作る

夏場などは、氷が必要不可欠です。

水筒に入れたり、コップに入れたり、そうめんに入れたりもしますよね。

氷をそのまま食べるという人は少ないかもしれませんが、氷が溶けだしてしまうと、水道水の独特な味や匂いが充満してしまうこともあるのです。

 

しかし、ウォータースタンドの水を使って氷を作ることで、浄水後の綺麗な水を凍らせることができるため、溶けだしても味や匂いが気になることが少なくなるでしょう。

 

温水の活用方法とメリットは?

続いては温水の活用方法です。

温水も、季節を問わず年中使うと思います。

では、具体的にどのような活用方法があるのでしょうか。

詳しく見ていきましょう。

 

コーヒーやお茶を作る

まずはコーヒーやお茶を作る場合です。

とはいえ、水道水からコーヒーやお茶を作る場合には、一度やかんや電気ケトルでお湯を沸かさなければなりません。

一瞬で熱々のお湯ができるわけではないため、しばらく待たなければならないのです。

 

しかし、ウォータースタンドのお湯を使うことで、85℃から93℃のお湯を出すことができるため、気軽に美味しいコーヒーやお茶を飲むことができます。

 

料理の時短

そして、料理をする時にも温水を活用します。

ウォータースタンドの温水を使うことで、いちいちお湯を沸かす必要がなくなるため、料理の時短に繋がるのです。

 

レトルト食品を温める場合も、カップラーメンを作る場合も、いつでも気軽に調理することができます。

 

ウォータースタンドのメリットって何?

それでは、ウォータースタンドのメリットについて詳しく見ていきましょう。

 

長期プランでコスパ良し

ウォータースタンドを使う場合には、月額費用が発生します。

これはウォーターサーバーも、ウォータークーラーも一緒なのですが、ウォータースタンドの場合は、比較的低価格で利用することができます。

また、長期プランに加入することで、よりお得に活用することができます。

 

そのため、ウォータースタンドを契約する場合には、目先の料金だけでなく、どれくらい使うのかをしっかり判断して、長期間使う予定がある場合にはこのようなお得なプランを選択することがおすすめです。

 

フィルターを選べる

ウォータースタンドは水道直結型ですので、毎月重たい水が届くことも、数千円もするお水を毎月購入する必要もありません。

ウォータースタンドでは、水道水を浄水するため、フィルターを取り付ける必要があります。

 

このフィルターには、ROフィルターとナノフィルターが用意されていて、自分の好きな方を選択することができます。

ROフィルターというのは、ウォーターサーバーを契約した時に届くRO水と同等の水を生成することができます。

若干コストはかかってしまいますが、それでも月額費用を抑えることができるため、お得に活用することができます。

 

もっとコストを下げて使いたいという場合には、ナノフィルターを活用することをおすすめします。

ナノフィルターの場合はROフィルターよりもコストが下がる場合があるため、更にお得に活用することができるのです。

ナノフィルターの方が安いとはいえ、しっかりと浄水をしてくれるため、安心して美味しい水を飲むことができます。

 

対応エリアが広い

ウォータースタンドは、随時対応エリアを拡大しています。

そのため、地方に住んでいる人でも利用できる可能性が非常に高いです。

気になる人は対応エリアを公式ホームページで確認してみることをおすすめします。

もし現段階で対応エリアに設定されていなかったとしても、これから追加される可能性は大いにありますので、問い合わせをして確認をしてみるということもおすすめです。

 

好みのサーバーを選べる

 

ウォータースタンドは、単に水を作る機械としてではなく、インテリアとしても活用することができます。

というのも、ウォータースタンドは、9種類のサーバーを用意していて、それぞれ大きさも特徴も異なります。

そのため、ウォータースタンドを選ぶ場合には、デザインで決めることも大事なのですが、特徴や料金、大きさなどもしっかりと確認することが大事になってきます。

 

手厚いサポート

ウォータースタンドも機械ですので、定期的にメンテナンスをする必要もありますし、長く使い続けていれば調子が悪くなってしまう事もあります。

 

しかし、その場合はスタッフが訪問してくれて、メンテナンスまで行ってくれるのです。

具体的には、

・フィルター交換

・定期メンテナンス

・タンク内清掃

などをスタッフが行ってくれるため、複雑なメンテナンスを手間暇かけて自分で行う必要がないということなのです。

 

また、驚くべきことに、これらのメンテナンスは無料となっています。

そのため、少しでも違和感を覚えたり、不調になってしまったりしたときは、いつでも気軽に問い合わせをすることができます。

 

違約金が低いorない

ウォーターサーバーは、契約期間中に解約をすると違約金を取られてしまう場合もあります。

ウォータースタンドの場合も、違約金が発生してしまう可能性はあるのですが、契約期間が1年と短めに設定されているため、1年未満で解約をしなければ無駄なお金を払う必要がなくなるということです。

 

そのため、引っ越す予定がある人や他のウォーターサーバーを使ってみたいという人でも気軽に使うことができます。

 

 

ウォータースタンドのデメリットって何?

続いて、ウォータースタンドのデメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

実は天然水ではない

ウォータースタンドを使うと、匂いのない美味しい水を飲むことができます。

そのため、天然水と勘違いしてしまう人もいますが、実は天然水ではありません。

先ほどから解説していますが、ウォータースタンドというのは水道直結ですので、水道水を利用していることになるのです。

水道水を、フィルターを通して浄水して、不純物を取り除くことで、匂いのない美味しい水が出てくるようになるのです。

 

そのため、天然水が飲みたくてウォータースタンドを契約しようとしているのであれば注意が必要です。

天然水かと勘違いしてしまうくらい美味しい水を飲めるのですが、突き詰めていくと天然水ではありませんので、しっかりと頭に入れておいてください。

 

初期費用がかかる

ウォータースタンドは、水道水直結型ですので、設置をするのにも撤去するのにも工事が必要です。

とはいえ、1時間程度で終了しますので、そこまで大きな工事は必要ありません。

 

また、初回の設置工事は完全無料で行うことができ、その費用はサーバーのレンタル代に含まれているため、後日振り込んだりする必要はありません。

更に1年以上使うと、撤去工事費用も無料となりますので、長く使えば使うだけお得になるということです。

 

備蓄用には使えない

ウォーターサーバーなどを、備蓄用として貯めている人もいますが、ウォータースタンドはそういうわけにはいきません。

なぜなら、水道と直結しているため、水道が止まってしまうと使えなくなってしまうからです。

 

そのため、備蓄用として使うことはできないのですが、ウォータースタンドにはエコサーバーと言って少量の水を貯めて置けるタンクが常備されています。

そのため、このエコサーバーに水を貯めておくことで、ちょっとした災害などに対応できる可能性もあります。

 

あまり水を使わないならコスパが悪い

ウォータースタンドは月額制となっていて、使えば使う程サーバー代がお得になります。

ただ、水をあまり使わない場合でも、同じ金額を支払う必要があるため、水道を利用する頻度が低いという場合にはコスパが悪くなってしまう可能性もあります。

 

ミネラルが含まれていない

ウォータースタンドは、フィルターによって水道水の不純物を取り除きます。

しかし、水道水に含まれるミネラルという栄養素も一緒に除去してしまうため、注意が必要です。

 

とはいえ、水道水に含まれるミネラルというのはかなり少量ですので、そこまで気にする必要はないでしょう。

ただ、中には少しのミネラルでも効率的に摂取したいという人もいるでしょうから、事前にしっかりと知識をつけておくことをおすすめします。

 

まとめ

ウォータースタンドは、冷水だけでなく温水を出すこともできます。

また、水道直結型ですのでコスパが良いという特徴もあります。

水道水を少しでも安全に、そして美味しく飲みたいと考えている場合には、是非ウォータースタンドを利用してみてください。

Pocket

おすすめウォーターサーバーランキング3選
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターが選ばれる理由
  1. モンドセレクション賞を総なめウォーターサーバー業界ナンバー1の水の美味しさ
  2. スタイリッシュなデザインのサーバーが豊富
  3. 【期間限定】豪華なお得キャンペーンを実施中!
公式サイトはこちら
コスモウォーター
コスモウォーターが選ばれる理由
  1. 【業界唯一】足元ボトル交換が可能なサーバーが大人気!
  2. サーバーレンタル料、配送料が無料!
  3. グッドデザイン賞を受賞
公式サイトはこちら
クリクラ
クリクラが選ばれる理由
  1. 【業界最安値】500ml換算52円で利用可能!
  2. 無料お試しキャンペーン実施中!
  3. サーバーレンタル料、配送料が無料!
公式サイトはこちら
おすすめの記事