湯冷ましの正しい保存方法は?関連したお役立ち情報を一挙公開!
Pocket

 

赤ちゃんのミルクについて悩んでしまうお父さん、お母さんはとても多いです。

特に湯冷ましの作り方や保存方法などに疑問を抱く人が多く、日々不安と闘いながら赤ちゃんにミルクを飲ませている人もいます。

 

そこでこの記事では、そのような悩み、不安を取り除くべく、湯冷ましの作り方や保存方法などについて詳しく解説していきます。

また、その他のお役立ち情報についても触れていきますので、是非最後まで見ていってください。

 

湯冷ましって何のために作るの?

湯冷ましというのは、大人からするとあまり馴染みがないかもしれません。

ただ、健康を意識している人の中には、白湯を飲む人もいます。

実は、湯冷ましと白湯というのは同じような意味を持っているのです。

 

しかし、若干違いがあります。

白湯の場合は、ダイエット効果や健康効果に期待して、大体60℃前後の温度に調整してから飲みます。

 

一方湯冷ましというのは、基本的に常温まで温度を下げたものです。

「それなら最初から常温で良くない?」

そう思う人もいるでしょう。

 

確かに、大人が飲むのであれば、常温の水で問題ありません。

しかし、赤ちゃんのミルクを作るためには、水をしっかりと煮沸して殺菌してあげることが大事になってくるのです。

そうすることで、敏感な赤ちゃんへの負担を軽減することができるのです。

 

とはいえ、現代の水道水というのは、技術の進歩により昔と比べるとかなり安全性が高くなっています。

そのため、あまり神経質になる必要はありませんが、万が一のことを考えて、一度湯冷ましを作り、赤ちゃんに飲ませてあげることが大事になってくるのです。

 

湯冷ましを簡単に作る方法は?

湯冷ましを作る目的は、先ほども解説したように、水の殺菌や消毒です。

具体的な作り方はというと、

・電気ケトルもしくはやかんなどで水を沸騰させる

・コップに移し、冷蔵庫もしくは常温でしばらく寝かせる

という方法がおすすめです。

 

湯冷ましと聞くと、難しそうというイメージや手間がかかりそうというイメージを持つ人もいますが、意外と簡単に、そして短時間で作ることができるのです。

 

ただ、熱いお湯を常温にするためには、13時間程かかる場合もありますので、ミルクを作る前に事前に作っておくことをおすすめします。

 

湯冷ましはどれくらい作ればいいの?

湯冷ましを作る意味や、具体的に作り方は理解できたとしても、問題は、

・作る量

だと思います。

 

きっと、

「どれくらいの量を作ればいいの?」

という疑問を抱えている人も多いでしょう。

 

ただ、こればっかりは、明確に量を設定することができません。

なぜなら、母乳を中心として育てている場合や、母乳とミルクの混合で育てている場合などによっても量が変動してくるからです。

そのため、一番おすすめなのは助産師さんなどを相談して決めることです。

 

仮に母乳と混合の場合には、大体200~300mlほどの湯冷ましを作っておき、いつでもミルクを作れるようにしておくことも効果的です。

特に外出中は、いつでもどこでも母乳をあげられるわけではありませんから、万が一赤ちゃんが空腹でぐずってしまった場合でも、湯冷ましを準備していれば、すぐにミルクを作ってあげることができるのです。

 

湯冷ましの保存方法は?

湯冷ましを作ると、水道水を殺菌することができ、赤ちゃんの内臓にも負担の少ない水を作ることができるのです。

ところが、水道水には、菌を繁殖させないためのカルキ(塩素)が含まれているのです。

一度煮沸してしまう事によって、悪い菌も殺すことができるのですが、塩素も抜けてしまう事になります。

 

つまり、湯冷ましというのは保存方法を間違えると、水道水よりも菌が繁殖しやすくなってしまうということです。

 

オススメの保存方法としては、冷蔵庫での保管です。

冷蔵庫で保管しておくことで、菌の侵入や繁殖を抑制することができ、飲ませたい時にいつでも取り出すことができます。

 

常温保存も絶対にしてはいけないということではないのですが、どうしてもホコリや菌などが繁殖しやすくなってしまうため、もし常温で保存するのであればラップなどを二重にかけて置いておくことをおすすめします。

 

ただ、常温で保存する場合は、温度が下がる時間も余分にかかってしまうため、使いたいときにすぐ使うことができない場合もあります。

そのため、冷蔵庫が何も入らない状態でない限りは、冷やして保管することをおすすめします。

 

湯冷ましは赤ちゃんだけの物じゃない?

湯冷ましと聞くと、子どものための物というイメージを思い浮かべる人もいるでしょう。

しかし、冒頭でも解説したように、健康やダイエットなどを目的として湯冷ましを飲んでいる人はたくさんいるのです。

 

人によっては、白湯と呼ぶこともありますが、大体の作り方や飲み方は湯冷ましと同じです。

つまり、湯冷ましというのは大人にも子どもにも効果的な物なのです。

 

湯冷ましの歴史

湯冷ましを作っている、あるいは飲んでいるのは日本だけではありません。

インドの伝統医学でもある、アーユルヴェーダにも取り入られているのです。

インドの伝統医学では、

・火

・風

・水

で人間は成り立っているという考え方を持っています。

 

湯冷ましが取り入れられている理由は、湯冷ましを作る過程にあります。

湯冷ましは水を沸騰させますが、沸騰すると気泡が生まれ、その気泡が風のイメージを持っていると考えられ、取り入れられているのです。

つまり、湯冷ましというのは火、風、水のバランスが整う、健康へと導いてくれると考えられているということなのです。

 

更に、日本では水やお茶などで薬を飲む人も多いのですが、アーユルヴェーダの場合は薬を飲む際や体調がすぐれない時にも湯冷ましを飲む習慣があるそうです。

 

湯冷ましで期待できる効果は?

では、大人が白湯を飲むことで一体どのような効果を得ることができるのでしょうか。

まずは体内を温めてくれる効果です。

これは赤ちゃん、大人を問わず得られる効果なのですが、湯冷ましによって胃腸を温めることができると、当然胃腸の活動が活発になります。

そうすると、基礎代謝を向上させることができ、カロリーの消費も活発にしてくれるのです。

 

つまり、ハードなトレーニングや運動をしなくても、痩せやすい体を作ることができるということなのです。

 

また、中には肌トラブルなどで悩んでいる人もいるでしょう。

肌トラブルの原因には、様々なことが考えられますが、胃腸が弱っている時も肌トラブルが起こりやすいです。

しかし、湯冷ましを飲み、腸内環境を整えることができれば、結果的にデトックス効果にも期待ができ、肌トラブルを抑制してくれる可能性もあるのです。

 

大人が湯冷ましを飲む場合のおすすめの方法

赤ちゃんに湯冷ましを飲ませる場合には、常温まで温度を下げることがおすすめです。

しかし、大人が健康目的やダイエット目的で飲む場合には、そこまで温度を下げる必要はありません。

大体50℃くらいに温度を調整することをおすすめします。

 

50℃というのは、口に入れた時に、

「少し熱いな」

と思う程度です。

いちいち温度を測っていると時間がかかってしまいますが、徐々に慣れてくれば温度をはからなくても感覚で湯冷ましを作ることができます。

 

更に、湯冷ましは健康に良い、ダイエット効果がありますが、飲みすぎてしまうのは逆効果になってしまいます。

そのため、大体1日当たり多くても1000ml、1回に飲む量は多くても200ml程度にしましょう。

極端に飲みすぎてしまうと、胃液が薄まってしまうため、消化を妨害してしまう可能性があるのです。

また、湯冷ましは一気飲みするのではなく、10分ほどかけて少しずつ飲むことをおすすめします。

 

湯冷ましというのは、1杯飲んだだけ、1日や2日続けただけでは効果に期待できません。

大事なのは毎日継続して飲むということです。

最初は手間に感じてしまうこともあると思いますが、習慣にすることができれば、ストレスを感じなくなるでしょう。

 

湯冷ましを作っている人のたった1つのリアルな悩み

湯冷ましは毎日飲むことが大事だと解説しましたが、蛇口をひねれば湯冷ましが出てくるわけではありません。

つまり、どういうことかというと、

「面倒くさい」

ということです。

 

確かに赤ちゃんには必要な物ですし、大人にとってもメリットがあります。

 

しかし、毎日お湯を沸かして、冷ましてという作業をしていると、どうしても嫌になってしまうでしょう。

また、仕事などが忙しい人の中には、

毎日そんなことをしている時間はない

と三日坊主になってしまう人もいると思います。

 

ただ、先ほども解説したように、湯冷ましは継続して飲まなければなりません。

小さい赤ちゃんがいる頃は、仕事なども制限している人が多いため、時間を作ろうと思えば作れるでしょう。

しかし、とにかく面倒くさい。

 

家事は想像以上に大変で、湯冷ましを作る時間でできること、やりたいことは山ほどあるでしょう。

少しでもこのように感じているのであれば、その問題を解決する方法が1つだけあります。

それはウォーターサーバーを使うことです。

それでは詳しく見ていきましょう。

 

ウォーターサーバーで湯冷ましは作れる?赤ちゃんにもOK

ウォーターサーバーには、赤、青のレバーが付いていることが多いです。

このレバーを引くと、熱湯と冷水を出すことができるのです。

とはいえ、中には、

「ウォーターサーバーの水で赤ちゃん用の湯冷ましを作っても良いの?」

と思う人もいるでしょう。

 

詳しいことは後程解説しますが、ウォーターサーバーで赤ちゃんの湯冷ましを作っても何の問題もありません。

では、具体的にウォーターサーバーで湯冷ましを作るメリットについて、詳しく見ていきましょう。

 

ウォーターサーバーで湯冷ましを作るメリットは?

今までやかんや電気ケトルで湯冷ましを作っていた人が、これから紹介するメリットを知ると、

「今までなんて苦労してきたんだろう」

と思うはずです。

 

では、それぞれ見ていきましょう。

 

水の質が高い

まずはウォーターサーバーの水は質が高いということです。

ウォーターサーバーには、天然水とRO水と言って雑菌などをほとんど取り除いた水が使われていることが一般的です。

 

また、ウォーターサーバーには軟水が使われていることが多いため、日本人との相性がとても良いのです。

そのため、当然赤ちゃんにも飲ませることができます。

 

もっと言えば、水道水よりも質の高い水で湯冷ましを作ることができるため、赤ちゃんにとってもメリットがあると言えます。

 

時短

続いては時短というメリットです。

先ほども解説したように、ウォーターサーバーには赤と青のレバーがついていることが 多く、熱いお湯と冷たい水を瞬時に出すことができるのです。

そのため、いちいちお湯を沸かす必要もありませんし、冷蔵庫に入れて冷やす必要もなくなるということです。

 

ウォーターサーバーを使うことで、湯冷ましを作るためにかけている時間を他のことに回すことができるため、かなり家事や育児を効率化することができるでしょう。

 

別の用途で使うこともできる

ウォーターサーバーというのは、何も湯冷ましを作るためだけの機械ではありません。

料理や飲み物づくりなどにも有効活用することができます。

例えば、米を炊く時にも綺麗な水をすぐに出すことができますし、コーヒーを飲む場合も赤いレバーを引くだけでできます。

 

ウォーターサーバーから出てくる水というのはかなり冷たいため、夏場でもいちいち氷を作って水道水の中に放り込む必要がなくなるのです。

 

赤ちゃんがいる家庭が選ぶべきウォーターサーバーの特徴とは?

とはいえ、ウォーターサーバーには様々な種類があり、提供している会社によって特徴が異なります。

また、中には赤ちゃんがいる家庭向きのウォーターサーバーなども存在するのです。

それでは、赤ちゃんがいる家庭におすすめのウォーターサーバーはどのような特徴を持っているのか、詳しく見ていきましょう。

 

温度調整機能

まずは温度調整機能が付いているウォーターサーバーを選ぶことが大事になってきます。

温度調整ができないウォーターサーバーを選んでしまうと、ミルクを作る時に熱々のお湯が出てきてしまう場合もあり、冷ますのに時間がかかってしまう可能性もあるのです。

 

そのため、70℃から75℃の間で調整することができるサーバーを選べば、ミルクを作る時の理想的なお湯を出すことができ、尚且つ冷ます時間を減らすことができるのです。

ウォーターサーバーの「フレシャス」シリーズのフラットが70度~75度に設定できます。

 

他にも、

「もっと熱くしたい」

という場合もあるでしょう。

 

そのような場合にも、温度を自由に調整できるウォーターサーバーの方が便利なのです。

 

チャイルドロック機能

続いてはチャイルドロック機能があるかどうかです。

先ほどウォーターサーバーは、冷水と熱湯を出すことができると解説しました。

大人であれば、必要な時に必要なだけ水やお湯を出すことができます。

 

しかし、赤ちゃんの場合には、不必要にレバーを引いてしまうこともあります。

これが冷水であれば、服が濡れてしまうだけですが、お湯の場合には大やけどに繋がってしまうこともあります。

 

ウォーターサーバーの中には、このようなケガを防止するため、チャイルドロック機能を搭載している物もあります。

チャイルドロックをかけている間は、レバーを引くことができなかったり、レバーを引いてもお湯や水が出てこなかったりするなど、赤ちゃんのケガ防止に役立つのです。

 

ボトルのタイプ

ウォーターサーバーは、水のボトルをセットして使うのが一般的です。

多くのウォーターサーバーは、サーバー本体の上部にセットする部分があります。

しかし、妊婦さんや産後間もないお母さんは重たいボトルが持てなかったり、時間がかかってしまったりするでしょう。

 

ただ、中にはサーバー本体の下部にボトルを設置することができる物もあるため、そのようなウォーターサーバーを選ぶことで、負担を軽減することができます。

 

除菌効果の有無

近年のウォーターサーバーには、クリーンシステムを搭載している物もあります。

この機能が搭載されたウォーターサーバーを使うことで、手動メンテナンスをする手間が減り、気軽に、そして安心して使うことができるのです。

 

操作性

ウォーターサーバーは、レバータイプが主流なのですが、最近ではボタンで操作ができる物もあります。

そのため、片手で操作ができるのか、哺乳瓶をセットしてもお湯や水を出すことができるのか、というような操作性もしっかりと確認しておくことが大事になってくるでしょう。

 

湯冷まし保存についてのまとめ

湯冷ましというのは、比較的簡単に作ることができます。

とはいえ、冷ます時間を考えると長い時間がかかってしまうこともあります。

 

また、いちいちお湯を沸かすのが面倒くさいという人もいるでしょう。

そのような場合には、是非ウォーターサーバーを活用してみることをおすすめします。

そうすることで、比較的簡単に、そして安心して湯冷ましを作り、赤ちゃんに飲ませてあげることができるでしょう。

Pocket

おすすめウォーターサーバーランキング3選
プレミアムウォーター
プレミアムウォーターが選ばれる理由
  1. モンドセレクション賞を総なめウォーターサーバー業界ナンバー1の水の美味しさ
  2. スタイリッシュなデザインのサーバーが豊富
  3. 【期間限定】豪華なお得キャンペーンを実施中!
公式サイトはこちら
コスモウォーター
コスモウォーターが選ばれる理由
  1. 【業界唯一】足元ボトル交換が可能なサーバーが大人気!
  2. サーバーレンタル料、配送料が無料!
  3. グッドデザイン賞を受賞
公式サイトはこちら
クリクラ
クリクラが選ばれる理由
  1. 【業界最安値】500ml換算52円で利用可能!
  2. 無料お試しキャンペーン実施中!
  3. サーバーレンタル料、配送料が無料!
公式サイトはこちら
おすすめの記事