湯冷ましって何?専用の容器がある?おすすめの方法があるの?
Pocket

©Amazon

湯冷ましって一体何の事?日常生活に関係ある?

湯冷ましという言葉を耳にする機会が余り無いという方も多いかもしれませんが
湯冷ましは熱湯を冷ますという事なので意外と日常生活の中で自然と
行っているかもしれません。例えば白湯を飲みたくてコンロにヤカンをかけて
沸騰させたものの想像したよりも熱湯になりすぎて飲めないというような場面。

こうした時には少し熱湯を放置して冷ましてから利用しますね。
熱湯を適度な温度まで下げる事を湯冷ましと言います。そのまま放置をして
適度な温度まで下がるまで待っていると結構な時間を要します。

出来るだけ早く飲みたいと思った時に時間短縮をする為に利用するのが
湯冷まし器です。湯冷まし専用の器は日本でも古来から使われており
主にお茶を入れる時に愛用されてきました。

熱伝導を利用したシンプルな容器

熱伝導という言葉は馴染みのある言葉では無いでしょうか?
容器を移し替える時に熱が奪われて温度が下がる事を利用したものが
湯冷まし器です。昔から使われてきており現在も数は少なくなったものの
一定量常に生産されているものとして陶器製のものが多くなっています。

熱湯を急激に冷ます為にはアルミや銅等の鉄で製造すれば更に温度を急激に
素早く下げる事が出来るように思いますが下げすぎると温度が低くなり過ぎ、
適切な温度の湯温度に出来ない事から緩やかに温度を下げる性質のある
陶器が重宝されてきました。

日本茶を最適な温度で入れる為に発達した湯冷まし

ポイントは日本茶を美味しく入れようとした時の温度になってきます。
高級茶を美味しく抽出しようとすると65度~75度の熱湯ではない湯温度で
お湯を用意して茶葉に注ぐ事によってそのお茶の最高の香りと味わいが出るとされ
茶葉の生産農家、お茶の加工販売メーカーでも推奨しています。

日本茶の歴史は古く、日本には茶道等のお茶に対する芸術的なものもある程
お茶を生活の一部として親しんできた事から最も美味しく飲むという方法が
長年の間に出来上がってきたようです。

お茶の種類によっては80度〜90度程度主に市販されている茶の中でも
安価な価格帯のものは若干高温で入れると良いという意見が多くなっています。
繊細な味わいが楽しめる高級茶では比較的低い温度ですが
新茶だけは高級茶・安価価格帯によらず90度前後の高温の湯が良いなど
茶の種類・新茶かそうでないかで湯温度を変えると良いようです。

お茶を生活の一部として親しんできた日本人らしい拘りですね。
せっかくお茶を自分で入れるのであれば美味しいほうが良いですから
温度を少し意識するだけで味・風味が変わるなら実践したいですね。

熱湯から好みの温度へ近づける

ヤカンに水を入れて沸騰させた時の温度は95度~100度程度。
ケトルで沸騰させた時は90度以上の状態となっています。

こうした状態からお茶と入れる為に必要とされる70度~80度前後まで
湯の温度を下げる為に使う湯冷まし器は、一度お湯を受けると
5度~10度程度湯温を下げます。

仮に90度~100度の湯温の場合は1~2回繰り返せば理想に近い温度となり
自分の保有している湯冷まし器では1回か2回か好みに合わせて
何度か確認をしておくと丁度よい温度が見つかります。

この湯冷ましは専用の器が多く販売されており単なる平たい皿のような
小型でシンプルなものから重厚な急須の形をしたものまで
色々な種類が出ています。多くの利用者の意見を見てみると
器によって入る水量の差等の他に一回入れた時の湯の温度の下がり方に
違いがあるようで、一部の湯冷まし器は一回入れるだけで丁度70度近くまで
下がるものもあるようなので、使う器によって違いがありそうです。

湯冷まし器の代用は色々ある

湯冷ましの目的は湯の温度を目的まで下げる事。目的が達成出来れば
専用品でなくとも代用は利きます。例えば急須をいくつか保有している場合、
先に別の急須に一度熱湯を入れると湯の温度が下がります。
入る容量が似ているので便利かもしれません。他に湯飲みを使う、
茶碗を使う、どんぶりを使う等代用で楽しんでいる方も多いようです。

温度が下がり過ぎないようにする為には

湯冷ましを器で行うとその時点で70度だとするとその後は自動的に
自然と湯温度が更に下がっていきます。日本茶の場合、茶を抽出するのには
70度~80度前後がベストですが、人が口にする段階でその温度より更に
下がってしまうと冷めすぎた温度が苦手な方もあるでしょう。

茶を抽出する時点の温度を出来るだけキープする為には
事前に注ぐ湯飲みの温度を上げておく工夫があれば一層楽しめます。
湯を沸騰させた時に先に湯飲みを温めて置く等によって
出来上がった茶を注いだ時の温度の低下を防げます。

温度の調整は湯冷まし器のほうで行い、その後は出来るだけ
その温度を維持する方法を実践すると大変美味しいお茶が頂けるようです。

お茶だけではない湯冷ましを活用する場面

湯冷ましはお茶だけではなく、病気がちの時や体調が優れない時等に
薬を飲む時にぬるい湯を飲みたい時にも行われます。
こうした時には温度が70度ではなく更に低い60度以下が好ましく、
こうした時には湯冷まし器をいくつか用意して注ぎなおす回数を増やし
温度を下げます。人肌より温度を下げると誰でも熱く感じないと言われています。

赤ちゃんに飲ませるミルクも湯冷ましが必須

身近なもので忘れてはいけないのが赤ちゃんが飲むミルクの温度です。
授乳だけではどうしても対応しきれない事が多いものでミルクを作って
好きな時にいつでも飲ませられるのは助かります。

昨今は家電品が発達したことで、低温での保温が出来る電気ポットや
電気ケトルが見られるようになった事でこうした家電を活用して
ミルクを入れている方も増えています。

低温保温では65度~80度程度で保温出来るようになっており
低温でミルクを作って水道水等にさらして温度調整をすれば
すぐに飲ませられるというものです。元の湯温度が90度以上の場合は
冷ますのに時間がかかってしまう為重宝されています。

しかし保温の湯であっても多くが人肌までミルクの温度を下げるのに
冷ます必要があるので、家電品を用いても何もしないで
そのまま飲ませるジャストな温度というまでは至っていません。

その為、低温保温の状態で一度だけ湯冷まし器に湯を入れて
哺乳瓶に入れて使うと湯温度が50度前後まで下がっているので
その後は哺乳瓶を振っているとすぐに飲ませられるという方もいます。
湯冷まし器はお茶だけでなく様々な用途で活躍しています。

ウオーターサーバーの温水機能も見逃せない

赤ちゃんのミルク、白湯、コーヒー、日本茶と湯を使う場面は多いものですね。
そうした中で沸騰したばかりの非常に熱い熱湯を使う場面は限られ、
カップラーメン等を作る時には熱湯指定の為、熱湯が好ましいものの
日常の生活の中ではむしろ温度が70度~85度程度の湯が必要な事が多いものです。

昨今家庭内で普及しているウォーターサーバーは綺麗で安全で美味しい水を
24時間いつでも飲めるものとして水道水の代わりの飲料水として人気。
このサーバーに搭載されている温水機能を活用している人々が増えています。

サーバーの湯温度は安定して70度~85度程度なので毎回コンロで沸かさなくても
ケトル等を使わなくてもいつでも湯を使うことが出来ます。
何より温度が安定しているので、湯冷ましが必要な場合はどの程度冷ますのか
一度確認すれば以後は素早く行えるのも魅力。何より水道水と違って
純水や浄化した天然水等安全で美味しいので嬉しいですね。

温水もいつでも楽しめるプレミアムウォーター

©プレミアムウォーター

 

朝でも夜でもコーヒー、紅茶、日本茶を入れたい時にお湯が欲しい事があります。
授乳時期の赤ちゃんがいる家庭ではミルク用のお湯を用意するのは手間ですね。
まして子育て中は色々と忙しくケトルや電気ポット、コンロで湯を沸かすのは
難しい事もあります。そうした中でも片手で簡単に湯が出るプレミアムウォーターは
サーバーに冷水と温水を常時用意してくれる機能が付いています。

天然水を採水して殺菌した安全で美味しい水で作った湯は
日常生活での飲料水として親しまれています。ウォーターサーバーにありがちな
サーバー代金の高額さとも無縁で無料提供。水の充填されたボトルは
自ら購入して運ぶ苦労の無い宅配方式で面倒な事も無いのが魅力です。

好評な理由の1つは非加熱殺菌の実施

©プレミアムウォーター

 

プレミアムウォーターの特徴の一つとして非加熱処理を行っている事が挙げられます。
地下から汲み上げた美味しい天然水の良さを損なうことなく
無理に加熱をしてしまうと天然水本来の味わいが減ってしまう為
高品質なろ過システムの採用によって非加熱で完全な除菌を行い、不純物を無くし
安全で魅力的な水を完成させている点が評価されています。
美味しい天然水で作る湯も雑味が無くどんな飲み物にも合うと言われています。

Pocket

湯冷ましの関連記事
  • 湯冷ましって何?専用の容器がある?おすすめの方法があるの?
おすすめの記事